2018/04/03

2018/04/03 414.1 引き続き警戒が必要も

無題取引
日経レバS 100口返済 -37000

雑感
ダウの急落を受けて日経はGDから始まりましたが、寄り底。新興も直近IPOはじめ、強いものは相変わらず強かったです。ダウがまだ不安定なので4月SQあたりまでは警戒は必要ですが、日経-1000円のような暴落的な下げはもう来ないような気もしています。ただ、レバショートを全部返済する気にもなれず、安値で仕込んでいた分は損切りしましたが、売り直しはしていません。もう少しうまい取引ができたような気もしますが、まあ仕方ありません。

保有銘柄では、ODKが窓埋め拒否して上昇中。アンドールも25日線で反発。今はこの2銘柄が調子いいですね。両銘柄に共通しているのは40億前後と超低時価総額なこと。そういえば、ハイアスも最初に私が触っていた1年前は時価総額が50億もありませんでしたが今は150億になってます。この2銘柄もこんな風に育ってほしいです。私、2月以降は地合いの影響で仕方なく頻繁に短期売買をしていますが、基本的にはこういう低時価総額で業績がいい銘柄を6か月~1年保有して2~3倍で売却することを目標としているんですよ。

その他、アスモとブライトパスは25日線付近なので許容範囲。セグエとイントラストは最近さっぱりな動きですが、現物で長期と考えているので放置。

4月中旬以降地合いが落ち着いてくることを想定して、まだあまり手あかがついていなさそうな地味銘柄を探してみたいと思います。以前にも書いたかもしれませんが、私が好きなのはIPO6か月後くらいの最初だけ盛り上がって、業績は悪くないけど忘れ去られた底値っぽい銘柄です。上手くいけば2~3倍取れますからね。ちょうど昨年の10月~12月ごろに上場した銘柄を中心に探してみます。よさげな銘柄があればまたここで報告したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント