2018/05/24

2018/05/24 399.5 2日連続の売り仕掛け

無題取引
日経レバS 200口利確 20868→20100 +152000
セグエ 300株売却+4000 →600株買戻し
イントラスト 200株買増→1200株売却+8000→1000株買戻
ネットマーケティング 500株買増→1500株売却→1000株買戻
トレードワークス 100株買増
アルベルト 200株購入→売却 +3000

雑感
今日も日経は前場途中から売られる展開でした。節目の22500を割り込んで、下げの勢いが弱まってきたことから一旦の下げ止まりと判断して日経レバショートを全口利確しています。またさらに下に行くようならショートで防御しなくてはいけません。

個別も前場にトレードワークス以外を一旦緊急避難的に売却しましたが、昨日と同じように新興が崩壊するようなこともなかったので、買戻しをしています。結局昨日と同じような取引をしています。

ネットマーケティングとイントラストは半分だけ、セグエは予定数全て買戻し、トレードワークスは買い増しをしています。これは、いまサイバーセキュリティ関連に物色がきていて、ざっと挙げるだけでもアークン、アズジェント、テリロジー、セキュアヴェイル、デジタルアーツ、エルテス、ラック、No.1など総花的に買われていますので、セグエとトレードワークスも物色が来ないわけがないと思って強気に買っています。

日経がこれだけ崩れて新興はそうでもないのが不気味ではありますが、流れに沿って対応するしかありませんので、明日からも予断を許さない展開だと思いますが、なんとか退場しないように頑張っていきたいです。

スポンサーサイト
2018/05/24

2018/05/23 388.8 休暇

無題取引
日本システム技術 1000株売却 +32000
セグエ 600株売却 +27000→300株買戻し
イントラスト 2000株売却+16000→1000株買戻し
ネットマーケティング 2000株売却 +10000→1000株買戻し
トレードワークス 600株売却 -36000→500株買戻し
ブライトパス空売り -68000
日経レバS 200口新規購入

雑感
雰囲気が怪しかったので寄りで日経レバショートを購入。その後実際に日経が崩れだしたのでショートを追加しつつ、ポジションを整理。ブライトパスはアルベルトのように崩れることを期待しましたが、大やけど。。その後、後場大崩れしなかったので半分ほど買い戻しています。

今日はどうなりますかね。休暇なのでゆっくりオーバーシュートだけ狙うようにします。一旦寄り底で上に持って行って安心させてから本格的な下げがくることもよくあるので、せっかくいいところで仕込めている日経レバショートの扱いは慎重にしたいと思います。

2018/05/22

2018/05/22 402.9 潜入レポート(1)

無題取引
データホライゾン 500株売却 -6000
ネットマーケティング 500株購入

雑感
早速ですが、本題です。
投資先ネットマーケティングのマッチングアプリOmiaiに登録してみました。
(注:あくまで市場調査ですw 以下の情報はざっと確認しただけなので、間違っている部分があるかもしれません。正確な情報を知りたい場合は必ず公式サイトでご確認ください)

登録方法は簡単でFacebookのIDがあれば一瞬で連携して完了です。初期設定ではFacebookのプロフィールがそのままアプリ内に反映されますが、これは後で変更できます。年齢は変更できないようでした。

登録すると女性のプロフィールが検索できるようになります。年齢層は様々ですが、20代後半から30代前半が多いように見受けられました。ほとんどの女性が写真を掲載しています。女性の容姿は様々ですが、なかには今株クラ界で話題のすずらんクラスの女性も普通にいました。

女性にアプローチをする場合は、「いいね!」というボタンを押します。相手の女性がそれに対して「ありがとう」のボタンを押し返せば、マッチング成立となり、個別のメールのやり取りに進むという流れです。もちろんこの逆の流れもあり、女性から「いいね!」が送られてくることもあり、男性が「ありがとう」をしても成立です。

この「いいね!」ですが、無制限に相手に送れるわけではありません。最初は初期登録ボーナスとして150ポイントあるのですが、いいねを送るたび消費します。また、ここが曲者で、いいねの消費ポイントは女性の人気度によって1~10まで設定されています。この人気度というのはその女性が過去1か月にどれくらいの男性からいいねをもらったかで自動的に設定されるようです。つまり、人気の女性だとただでさえ競争倍率が高いのに、いいねの消費量がハンパないということです。

このいいねポイントは有料会員であれば1か月に60ポイント回復するようです。また、毎日ログインするとその回数に応じて最大40ポイントもらえるようです。それ以上に増やしたい場合は課金が必要になります。1いいねポイント約100円で増やせます。10いいねポイントが必要な人気の女性にいいねを送るだけで1000円です。しかもマッチングが成立する保証はもちろん全くありません。

また女性は完全に無料なのですが男性は有料(月額3980円)です。マッチングが成立して男性から1通目のメッセージを送るところまでは無料なのですが、女性からの返信メールを開封しようとすると有料じゃないとみることができない仕組みです。うーん、絶妙なタイミングです。

ちなみに私の場合、会社帰りに登録して適当に10人~15人ほどいいねを押したところ、そのうちの4人とマッチングが成立し、そのうちの1名からは返信メッセージが届いています。
(が、無料会員なので内容が見れない!ちょっと見てみたいぞ!)

後輩の話ではマッチングが成立しても実際に会うまでいくのは10%未満だという話ですが、真面目に?このアプリで婚活すれば、少なくとも出会うところまではいけそうな感じがします。また利用に際して感じたのは、とてもカジュアルで「婚活」というようなハードルの高さは全くないということです。Twitterやインスタの写真にいいねするのと同じ感覚でマッチングが成立します。合コンとかセッティングする方がよっぽどめんどくさいし、30代で周りが結婚していたりすると出会いも減ってきて、これからももっと流行るだろうなってことです。

まこちゃとかどうですか?アイドル追いかけてる場合ですか?

今日はとりあえずここまでです。
とりあえず潜入レポート(1)としていますが、続編があるかどうかは今後の展開次第ですw

2018/05/22

2018/05/21 395.1 僕が僕であるために

無題

取引
なし
雑感
マザーズは出来高を伴って続伸。PFもある程度復活していますが、ボラが大きくて疲れます。

結局のところ地合いに生かされているような感じですが、このやり方は全然ダメですね。このやり方だと株価が動き出す前に仕込んでおくパターンが多いので、思った通りに動き出せばいいですが、多くの場合はレンジのままか、地合いが悪くなった時に底抜けして損切り、または塩漬けになっています。

例えばセグエですが、私がセグエを初めて購入したのはコインチェック騒動があってセキュリティ銘柄が動意した1月末です。その後2月の暴落があり損切りして、再び分売があったので2月末に買いなおしています。一度3月に値を戻しますが、結局ダダ下がりでようやくこないだの決算で息を吹き返したというところです。振り返ると3月に2000割れたときには一旦売ってないといけないです。そして決算を見てまた気になったのなら入ればいいだけでした。イントラストも同じです。このへんがきっちりできないと結局地合いに生かされ、殺されるだけになってしまいます。

今日のブログのタイトルは尾崎豊の曲名からです。このタイトルはサビの一部分で、歌詞は
「僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものが何なのか それがこの胸に分かるまで」と続きます。 

今、先日購入したミネルヴィ二の成長株投資法という本を読んでいますが、これめちゃくちゃよさそうです。動き出した銘柄に乗ることの重要性とそのリスク管理が書かれているので、この手法をなんとか早いタイミングで自分のものにして、地合いによらず勝ち続けられるようになりたいです。そしてそれこそが自分の株式市場における存在価値であり、ひいては家族を守ることにつながると思っています。

2018/05/20

今週の振り返り(05/14-05/18)

無題 
前週比資産(含み益含む) -8.7%  

今週の確定損益
利確       3,557    1件
損切     38,348    8件
損益    -34,791

今週の銘柄別損益
イントラスト -3383
アスモ -14411
ODK -16997

年間累計確定損益
利確  5,041,451  295件
損切  3,763,944  509件
損益  1,277,507

雑感
今週は決算を受けて日本システム技術、データホライゾン、ネットマーケティングと3つの銘柄を買ってみました。どれも業績は問題ないのですが、日本システム技術以外は微妙な船出です。すでに買い込んでいるトレードワークスもそうですが、業績だけではなかなか上がらないですね。。

それでも日経は割と高値圏まで来ているので、そろそろ一部の銘柄だけでなくマザーズを中心とした新興全体に資金が来てもらいたいものです。我慢の展開が続きます。

2018/05/19

2018/05/18 356.8 出会いは億千万の胸騒ぎ

無題取引
ネットマーケティング  1500株購入

雑感
新規でネットマーケティングを購入しました。Omiaiという婚活アプリの会社です。

何度かツイートしたこともありますが、会社の後輩で彼女が4人(一時期6人)いるやつがおりまして、こないだ話を聞いたらこのOmiaiというアプリを使っていたのです。その後輩は別に全然イケメンというわけでもありません。年齢も32歳。年収もめちゃくちゃいいというわけでもありません。もちろん人間的な魅力はあるのでしょうが、そんな普通のステータスのやつが出会いまくってるんです! (業者の宣伝みたいですが、、、ホントなんです)

で、何人かの彼女の写真を見せてもらったら、デブとかブスとかじゃないんですよ。メンヘラとかそういう系でもない。全然普通に可愛らしい女の子なのです。年齢も25-30歳くらい。後輩の話では、「出会い系サイト」というような抵抗感がある感じでもなく、フェイスブックやインスタのようなSNSと同じ感覚で本当に普通の子が気軽に登録しているよとのことです。

ぐぬぬ。。羨ましすぎます。
すみません、思わず心の声が出てしまいましたw

私は投資家なので、これは投資せざるを得ないなと思い購入に至ったわけです。まあその他にも時価総額100億円、業績好調、先日のフェイスブックのニュースにより株価は底値圏、そのときに出来高を伴った下落があったのでセリクラ感あり、ここ2日間は続けて怪しげなクロス取引あり、信用買残は多いですが、結構時価総額100億の銘柄の割りには日々の出来高があるのでそれほど気になりません。また元々はFacebookユーザーしか登録できませんでしたが、先月全ユーザに開放、また来月は現在のマッチングアプリであるomiaiに加えて、デーティングアプリ(もう少し気軽な友達作りのようなアプリ)も投入されるということで、ひと相場あってもおかしくありません。

今後妻の了解が得られれば、実際にこのOmiaiを利用して潜入調査をしてみたいと思います(笑)

2018/05/18

2018/05/17 356.3 バイオハザード?

無題取引
なし

雑感
新興はリバ。マザーズ指数は25日線を突破しています。今日続伸することが大事ですね。

ただ、今日はブライトパスの治験失敗により、ブライトパスはおそらく寄らずのストップ安、状況によっては2連続くらい行くかもしれません。関連のバイオ銘柄もすでに昨日PTSで少し売られていましたので多少売られることになりそうです。

そうなるとマザーズ指数の続伸は難しく、せっかく新興に来た流れが冷えなければいいですが。もっともクラウドワークスやリミックス、アルベルトなどが先日までのマネックスを引き継いで盛り上がっているので、そんな雰囲気は悪くないんですけどね。

持ち株では地味にデータホライゾンが非常にダメな展開です。このへんでリバらないと持ち合いを下放れしてしまいます。。悩みは尽きません。。
2018/05/16

2018/05/16 340.4 消耗戦

無題取引
トレードワークス 2851,2876,2901で300株購入
ODK 2000株売却 -10000

雑感
それにしても徹底的に追い込んでくるなー。。PTSまで使って売り込んでくるとは。。
今まで何度も経験していますが、普通にメンタルやられそうです。今日はゆっくり休みます。。

2018/05/16

2018/05/15 370.6 決算一巡

無題取引
アスモ 1000株購入→売却 -10000
イントラスト 1000株売却 -3000
データホライゾン 500株購入

雑感
まだ少しありますが、決算発表のピークは過ぎました。持ち株についても元々あまり決算をまたぎませんでしたが全て通過して一安心です。

改めて振り返ると、よく取引をしていた銘柄で決算をまたいでいたら大変なことになっていました。もちろん中期的にはわかりませんが、あくまで決算の数字というか直後の反応という意味では。

例えば、
ルネサスイーストン 今期42%減益→PTS11%マイナス
テクノホライゾン 今期10%減益→PTS8%マイナス
UEX 今期レンジだけどかぶたんでは微減益 760→708

保有株ではイントラストが好決算でしたが一時的に売り込まれました。セグエも好決算でしたが、前日比変わらないところまで一時的に下げました。超絶決算を出したトレードワークスさえ、翌日はストップ高を付けたものの結局行ってこいです。決算をまたぐ意味って??

もしまたぐとしても、本決算は来期予想なんてよく分からないので危険ですね。例えば1Q決算がいいのを確認して、好調が持続しそうなら2Q決算をまたぐとかそれくらいですかね。3Qになると進捗いいのに上方修正出さないと売られたり、そもそも出尽くしで売られたり、本決算は上記の通りで。まあもちろん、地合いにもよるんだろうと思うのですが。

2018/05/15

2018/05/14 375.4 かごの中の卵

無題取引
トレードワークス 2950で100株購入
イントラスト 696で1000株購入
日本システム技術 1395で1000株購入

雑感
SQ後、決算シーズンなので全面高という雰囲気はありませんが、日経はめちゃくちゃ強くいつのまにか22800を超えています。新興はマザーズ、ジャスダックともあまりさえません。もちろん好決算の銘柄は買われています。

イントラストは昨日決算発表しました。それほど悪い決算とは思いませんでしたが、市場評価は下のようです。650-700は出来高が多いところなので、ここを一気に下げるだけの悪い決算とも思えないので、しばらくは650-750のレンジになると判断して買い増ししています。逆に650を出来高を伴って下に抜けるようだと危険すぎます。550くらいまで出来高スカスカですので。さすがにそれはないと思いますが。

トレードワークスも3000を割り込んできましたので100株買い増ししています。ちょっと間違えて6か月期限で買ってしまいましたがまあいいでしょう。日本システム技術は決算を無事通過しましたので新規で購入しましたが、入ったタイミングが悪く含み損となっています。

さて、投資の有名な格言で「卵はひとつのかごに盛るな」というものがあります。
投資で資産運用をするためには分散投資が有効だよという意味ですが、私の場合かなり盛ってます。信用を使っているので山盛りです。新興で分散投資してもあまり意味ないですからね。あまりよく分からない銘柄を盆栽のように並べるよりは自信のある銘柄を持っている方が安心できます。実際にこないだの2月の暴落なんて来たらどの銘柄持っていても同じですからね。

また、同じ銘柄でも一度に買うのではなく、何回かに分けて買い下がる方針であれば、少なくとも時間的な分散はできているのではないかと思います。とはいえ、このまま資産が下がり続けて年初来マイナスになるのは面白くないので、なんとか反転の兆しが欲しいところです。

2018/05/13

今週の振り返り(05/07-05/11)

無題 
前週比資産(含み益含む) +0.6%  

今週の確定損益
利確     91,905    9件
損切     84,292  21件
損益       7,613 

今週の銘柄別損益
テクノホライゾン +84609
UEX +7296
イントラスト -618
アダストリア -2540
イーストン -15158
アスモ -24159
日経レバ -41817
※アダストリアは配当調整金

年間累計確定損益
利確  5,037,894  294件
損切  3,725,596  501件
損益  1,312,298

雑感
今週はトレードワークスのストップ高により一瞬上に振れましたが、結局ほぼ行ってこいで下がってきたので私の資産もヨコヨコです。これまでの決算期と違うのはこれまでは割と楽観的に安易に決算をまたいでいましたが、今回は今週ほとんど決算を回避して事前に売却しています。そういえば前回の1-2月も暴落期でしたから結果的にほとんど回避したんでしたっけ。

決算って本当によくわからないし、イントラストのように完全に長期で考えているか、喰らっても大丈夫なくらいの含み益があるかじゃないとまたぐ気にならないです。それよりは好決算で押し目を作ってくれている会社を丁寧に拾っていく方が期待値が高い気がします。もし間違ってもすぐ逃げられますしね。

ということで、私の資産も25日線がヨコヨコになってきている(実際には入金していなければ下向きだと思う)のでそろそろ昨年12月~1月に見せたような急上昇のターンが来てほしいところです。そのためにもしっかり決算を確認して新たにチャレンジしてみたいと思います。


2018/05/13

2018/05/11 390.7 SQ後

無題取引
日経レバS 150口売却 -24000

雑感
SQ後は日経は上でした。寄り前の雰囲気から寄り底の感じがあったので日経レバショートは寄りですべて返済しました。寄りじゃなければさらに3万くらい踏まれていたのでよかったです。

ポジションもだいぶ減りましたししばらく23000くらいまではショートは封印ですかね。
決算もあとセグエを残すだけでなので気楽です。とはいえそれでもまだ信用を使ってロングポジション大きいですからね。できるだけギャンブルはしたくないところです。

信用の余力も確保しているので来週決算通過した銘柄で、業績に問題がなく、入りやすいチャートの銘柄があれば少し購入してみようと思います。まあでもあまり無理して購入しなくてもトレードワークスさえ噴けば余裕でYH行けるよねと思う自分もいますが。とにかく決算直前に新規でギャンブル的に入るのだけはやめようと思います。

2018/05/11

2018/05/10 386.9 SQ

無題取引
日経レバS 50口売却→購入(売り直し)

雑感
今日は時間がないので簡単に。
今日SQですけど、SQ後は上にしか見えないんですけどね。ダウなんて6日続伸です。でも値幅が少ないのでショートを持っててもまあいいかということで一応持ってます。

あとはトレードワークスがどうなるか次第です。本当はもうちょっと決算読み込んで他の銘柄に分散したいですが、見られていません。週末にゆっくり時間を取ってチャートとともに確認して入れそうなのがあれば監視に追加したいと思います。
2018/05/10

2018/05/09 395.1 YH or YL

無題 
取引
トレードワークス 3030,3060,3110,3130で400株購入
テクホラ 1500株売却 +85000
アスモ 2000株売却 -20000
イーストン 2000株売却 -15000
日経レバS 50口購入

雑感
今日はザラ場に円安は進んだのに日経は下がり、後場トヨタが好決算出したのにそれでも下がる違和感のある展開。SQの仕掛けなのかなとも思いましたが、こういう違和感があるときって大抵外人が関与してますよね。ということで日経レバSを追加しています。22500以上定着で外します。

新興も昨日25日線を超えてきましたが今日はそこまで押し返されの展開でした。ただ、個別では好決算を出した銘柄を中心に資金が入っていたのでそれほど雰囲気は悪くなく。

今日も引き続きトレードワークスに集中。4枚追加しています。それ以外の不確定要素のあるリスクを減らすために決算を控えている銘柄を中心に売却しました。テクホラとか持っていたかったですけど、まあ仕方ないです。

トレードワークスについて、今後複数のシナリオが考えられると思うんですが、とりあえず3000は割り込ませると思います。先日のストップ高で買った人は3000割れ出すと売ってくるでしょうから、その流れで2938の窓付近までは明日下がってもおかしくないです。問題はそこから先ですけど、どこまでオーバーシュートさせるかです。短期的に2800を割り込ませるくらいまで売り込むとかなり悲壮感が出てくるので瞬間的にそこまで下げて、下ひげで戻ってきてその後一気に反転するシナリオが考えられ、これが上値も軽くなるので一番理想的です。

だるいシナリオは大口がまだ売り圧があると判断して、またヨコヨコor75日線下3000までのボックスモードに突入することです。この根拠としては、5月末にロックアップが解除されるのでその売り圧をこなしてからと考えることもあるでしょうし、また上場直後に3500以上で信用買いしている層がいますので、その6か月期限がまだ到来していないことというのも挙げられます。ファンダ的には1Q偏重という疑念をホルダーに抱かせるためにまだ上げないということも考えられます。

後者のシナリオになると資金効率が悪くなるので信用分は外したりなどしておく必要があります。今回、大きめのロットを入れており、その見極め如何によっては資産が年初来高値か安値かどっちかになる可能性があるので、よく考えて対応したいです。

2018/05/08

2018/05/08 424.3 新興強し

無題取引
トレードワークス 3180-3220で400株買い増し

雑感
今日はマザーズを中心に新興が強かったです。日経がSQや主力決算を控えてヨコヨコのなか、少し資金が新興に戻ってきた感じですかね。

そんななか、今日はトレードワークスに集中していました。寄りが昨日のPTSでつけた3600よりずいぶん低い3465から始まり、その後も新興の地合いが悪くなかったにもかかわらず、上値を取る気配がなかったので、一旦ふるい落としが来るのかなと考え、昨日のブログで書いた通り、3000-3200あたりに指値をたくさん入れて待機していました。途中怖かったですが、結果400株が刺さり、最後は上に行ったので今日のところはよかったです。また、明日も同じような動きをするなら指値を入れておこうと思います。

すでに800株あるので約240万と通常のロットに比べるとかなり大きめになっています。ロットが大きいのはもちろん自信があるからです。先日の決算をまたぐことに関しては、優位性と再現性はなかったように思いますが、今日のような状況で下がったところを拾うことについては優位性と再現性があると考えています。

ただ、自信を持って取引することは大事ですが、自信を持ちすぎること(過信)はよくありません。このあたりのバランスというか、切り替えがいつもとても難しいところですが、目の前で起きていることをよく観察して、想像力を働かせ、頭をフル回転させて対応していきたいです。

2018/05/08

2018/05/07 415.9 優位性と再現性

無題取引
UEX 2000株売却 +7500
日経レバS 20口追加→50口売却 -4000

雑感
日経もマザーズも前場寄り天の展開から後場戻して結局元に戻っただけという1日でした。個別では戻りきれない銘柄や終日強かった銘柄もありまちまち。

UEXに関しては、①いつも保守的な予想を出すので決算を回避したかったこと、②信用ポジションが膨らみ過ぎていたこと、③トレードワークスの買い増しに資金を充填したかったという3つの理由からマイ転したタイミングで利確しています。

そのトレードワークスですが、今日は寄らずのS高。PTSは3600ですので明日はこのあたりで始まって、ボラが大きそうな展開ですが、もしも3000-3200くらいまで押すことがあれば買い増しを積極的に狙っていきたいです。今日の出来高はないようなものなので、明日寄りから4000とかに釣上げられて出来高を伴って売り抜けとかがない限りはもう少し相場は続くと考えます。そもそも思惑だけじゃないのである程度値もちはよいはずです。

Twitterでも昼間書きましたけど、トレードワークスに関しては、今回本当にラッキーとしか言いようがなかったので、これで浮かれてる場合ではありません。同じような状況になったときに同じ行動がとれるか、そして51:49でも52:48でもいいので、少しでも優位性(エッジ)がある取引ができるかということが大事です。キーワードは優位性と再現性です。

そういう意味では今回決算をまたぐことに関して、正直どっちに転ぶか分からない状況でした。決算後にPTSで自信をもって3200で買えたことは今後の経験になりそうです。でもこれも下で持っていたからできたことであって、いきなりPTSで400株も買えるかというとちょっと難しいです。そういう意味では今回のトレードワークスに関しては、あまり優位性も再現性もない取引のように思います。

それよりは、3/28に上方修正を出したODKを翌日ストップ高で買って翌々日5%下がったところで買い増した取引や、ベガの4/10前場引け後の上方修正を受けて後場寄りで10%GUの1200前後を買い向かった取引の方が優位性と再現性があるように思います。両方の取引に共通するのは「後出し」ということです。

多くの銘柄で初動時は同じような動きをすることが多く、もちろん騙しもありますが、単に地合いやチャートで動くのとは違い、好決算などの明確な材料があれば比較的エッジがあり、再現性のある取引ができると思います。リスクの低いところで待ち伏せするのではなく、動き出した銘柄の初動や押し目で乗る、これは去年からの課題です。

今週、来週と決算発表のピークを迎えます。気になる銘柄は監視に入れて、翌日の寄りか、数日後の押し目に狙いを定めて、最初は怖いので心理的ストレスを減らすのとより多くの経験を積むためにロットを小さくして、いくつか気になる決算の銘柄に後出しで入ってみたいと思います。

2018/05/06

備忘録メモ

持ち株の決算日と25日線をメモしておきます。あ、完全に自分用です。

                           株価   25ma  決算
Tワークス          2892  2887     済  
ODK                      518     567      済
UEX                       739     714    5/10 15:00?
イントラスト      713     723   5/11 15:00
セグエ                 1845  1854   5/14 16:00 
アスモ                   652     647   5/14 16:00
イーストン           679     673   5/15 15:00
テクホラ               905     826   5/15 16:00

既に決算が済んでいるトレードワークスとODKはいいとして、来週再来週といきなり山場が来ます。

この中で、イントラストは長期で考えているのであまり心配していません。というか完全放置です。

UEX、イーストンの景気敏感株がちょっと怪しいですね。業績は悪くないと思うのですが、いわゆる保守的な予想を出して下落するガイダンスリスクが心配です。どうしても外部環境に左右されやすい業種ですので新興IT系とは違い、保守的に見積もるのは分かるのですが、それによって株価が一時的に下落するのは避けられませんからね。すべて現物ならあまり気にしなくてもいいのですが、信用なら話が別です。ODKの場合はそれを回避して下落したところを拾っていますが、今回どうしましょうかね。

セグエとアスモはチャートも底を這っているのでそれほどのリスクは感じません。とはいえここからさらに下げるなら減らすか売らざるを得ませんが。

テクノホライゾンは25日線/75日線付近で入れているので、決算またいでも最悪ここで逃げられると思っていますので気楽です。

決算をまたぐリスクを多く抱えるなら一旦決算前に売ってしまって、好決算を出したトレードワークスの押し目やこれからの好決算銘柄にシフトするほうが効率的なので、そのあたりも考慮しながらどういう対応をしようか考えたいと思います。

2018/05/03

今週の振り返り(05/01-05/02)

無題 
前週比資産(含み益含む) +2.5%  

今週の確定損益
利確     13,797    4件
損切     44,454    4件
損益    -30,657 

今週の銘柄別損益
ベガ +10797
アダストリア +3000
イソライト -826
トレードワークス -43628
※アダストリアは配当

年間累計確定損益
利確  4,945,989  285件
損切  3,641,804  480件
損益  1,304,685

雑感
今週は2日間だけですが、懸念していた新興の暴落はなく堅調でした。2日は連休前の暴落はないと判断して日経レバをショートしながら、持ち株の買い増しや買戻しを進めています。かなり強気のポジションになっていますが、どうなるでしょうか。

個別では好決算を出したトレードワークスがどういう動きをするかに注目です。PTSでは+500のストップ高を付けています。まずは4回くらい跳ね返されている3300前後を明確にクリアしてもらいたいです。

ただ、ちょっと気になっているのは、ロックアップが180日で外れるのですが、それが5月末なんですよね。なので今後の株価をイメージすると、理想的には5月末までに上場来高値の5000前後、そこで冷やしが入って3500-4000、次回決算前の上方修正で6000というところでしょうか。時価総額200億までは狙いたいところです。(現在91億)

このストーリーで動くとすれば、5000手前で半分利確、冷やしが入るタイミングで買戻し、再度ブレイクで買戻し分売り抜けですかね。まあそんなうまくいくわけないのですが、思い描くのは自由ですよね。

2018/05/02

2018/05/02 388.3 そろそろ新興のターン?

無題取引
トレードワークス 500株売却→400株買戻し(うち100株はPTS)
日経レバS買増
ODK 新規買
イントラスト 買増
UEX 買増

雑感
今日は日経が終始軟調でしたが、新興はGW後半前で資金が抜けやすい状況にもかかわらずマザーズは0.99%プラスと堅調でした。

また騙されるのかもしれませんが、ようやく新興に資金が流れるのかなと思い、いくつか買い増しや買戻しをしています。

トレードワークスは寄りで2900前後で一旦損切りした後、引け間際に25maまで垂れてきたところを300株買戻ししています。引け後には好決算を出しました。普通にストップ高案件だと思うのですが、なぜかPTSで下がってきたので3200でさらに100株買戻ししています。どうなるかわかりませんが、GW中の楽しみが1つできました。好決算のベガでふるい落とされているので、ここは握力強めに行きたいところです。

イントラストは決算も近くなり、いい加減700のレンジを切り上げるかなと買い増ししています。ここはビジネスモデルに中長期的な優位性があると考えていますので決算ギャンブルという感覚もなく、普通にまたぐと思います。

UEXは昨日25日線タッチして反発してきましたので買い増し。本当は昨日買えればよかったですけど、まあ誤差の範囲です。ODKは今期見通しが弱く売られましたが、それほど売り圧力もなく、75日線で反発していましたので買戻ししています。

当然のことながらポジションがかなり膨らんでいますので日経レバショートを追加しています。
かなり強気のポジションになっていますが、ダメなら損切りするだけです。特に信用に関しては絶対です。弱気になり本来取るべきタイミングでポジションを取る勇気がなくなってしまうのが、一番よくないことなのでしっかりと連休中に休養を取り、メンタルを整えて連休後に備えたいです。

明日から私の実家の京都に3日間帰省します。京都らしい風景などあればまたTwitterで報告します。


2018/05/01

2018/05/01 382.7 まもなく第2回狼狽マンオフ会

無題
取引
VEGA 500株空売り→利確 +10000
イソライト 1000株購入→同値撤退

雑感
今日も全然全面安ではないのですが、弱い銘柄は弱かったですね。決算でもダメっぽいなーと思ってたシェアテクが暴騰したり、逆にSUSは上方修正してましたが出尽くしで暴落したり、私レベルではちょっと難しいです。

先週末に好決算+増配を出した幼児活動研究会に注目していましたが、寄りの気配はあまり強くなく、これはこないだのイソライトパターンか?と思いながら少し下に指値を差しておいたのですが、全然下がってこず、ぐんぐん成長していきました。でも上値を買っていく勇気もなく、やっぱり難しいです。

またイソライトも上方修正前の株価に戻ってきて、だいぶ引き付けて835前後で買いを入れましたがあまりリバウンドせず、同値撤退しています。と思いきや、ある程度株価に織り込まれていると思っていたベガの決算ですが、寄りから窓を空けて+3σも軽く突破していく勢いだったので、1800手前で少し空売りで取れました。でも一旦下げた後また上がっていたので本当に強かったです。つくづく1200で持っていた玉を早売りしたことは悔やまれます。1000株持っていたのでこれだけで50万ですからね。難しいです。

明日トレードワークスの決算なのですが、まだ含み損があり逃げられていません。このまま決算に突っ込んで決算後暴落に巻き込まれるのだけは避けないといけないです。とはいえ、そんなうまく逃がしてくれるとも思えず、難しい判断を迫られそうです。

そんななか、今日はいつもTwitterでよくやりとりをさせてもらっているみとぅさんと2人でオフ会をしてきます。投資家としての刺激をもらうとともに、私とはまた違う観点で銘柄を選定されていますのでそのあたりも勉強したいと思います。気づきがあれば、またこのブログで報告します。