2018/01/31

2018/01/31 339.9 皆既月食 (月+50.9%)

無題取引
セグエ 2200で330株売却 -25000
他は売って結局買戻し(詳細省略)
雑感
日経は6日続落。朝から弱い銘柄を中心に損切りしたり、日経レバ空売りをしてみたり、途中で買い戻したり、まあいつものようにバタバタした取引。なんとか直さないとダメだねこれ。結局減らしたのはセグエだけ。セグエは全敗だね。こないだのアンジェスといいJCで飛びついたのはことごとくやられている。難しい。

ルネサスイーストンが前場売られたけど、その後反発し、なんとか800をキープしてくれて無事に決算通過してくれたことはよかった。今日決算だった幼児活動研究会もまあまあの決算だったし、少し売られるかもしれないけどそのうち物色されればいいかな。

さっき皆既月食ということで家の外で月見てて、少しゆったりとした気分になった。こんな毎日バタバタしてる自分がとってもちっぽけに思えたけど、でもとにかく1000万までは長期投資とか優待投資とか言ってる場合ではないので、このやり方でなんとかやっていこう。基本はPFの全てを今日のように常に含み益だけの状態にすることを心がける。塩漬けは絶対にしない。損切りを徹底していけばじり貧にはなるかもしれないけど、少なくとも退場することはないだろうし。塩漬けでメンタルやられるよりはよっぽどいい。後、JCはよくよく気をつけないとね。これは来月の課題。
スポンサーサイト
2018/01/30

2018/01/30 345.2 決算シーズン

無題取引
セグエ 2294,2210,2215で300株売却 -33000→買戻し
フルテック 1509-1513で300株売却 +140000
イソライト 1407で200株売却 +48000
ルネサスイーストン 775-776で300株購入
幼児活動研究会 1780で100株売却 -2200→1784で買戻し
UEX 1036-140で500株売却-3000 →998-1000で買戻し
アスモ 732で1500株売却 +6000→726-728で買戻し
ブライトパス 834-835で200株購入
雑感
前日比結構なマイナス。前日のダウ下落を受け朝から日経は軟調。一時400円近くまで下げ、マザーズも一時2%マイナス。

朝から弱い銘柄や決算までに利確したかった銘柄を売却。午後さらに掘っていきしばらく耐えながらリバウンドしてきたところで下がっていない銘柄を中心に拾いなおす。これ、明日も下げそうですね。含み益の少ない弱い銘柄は明日続落するなら一旦売っていこう。ちょっと守備力高めで行かないと危ないね。日経が25日線を割り込んで反発できないならもう少し調整が長引きそう。23000くらいで止まってもらいたいところだけど。今夜のダウ次第か。

さて、こないだも書いたけど持ち株の決算日もう一度整理しておきます。
この中でルネサスイーストンは今日発表↓で基本的には問題ないと思うけど後は市場判断。
こないだの日本鋳造みたいなこともあるので、寄り天になってマイ転するなら最低でも買い増した分は減らさないといけない。株価を決めるのは決算の数字ではなく、それを見た大人が決めることを忘れずに。

ルネサスイーストン 済
幼児活動研究会 1/31
UEX 2/6
イソライト 2/7
セグエ 2/13   
ヒーハイスト 2/13
アスモ 2/14
ブライトパス 2/14
2018/01/30

2018/01/29 356.3 象の背中

無題取引
ヒーハイスト 900株現引
アンジェス 608-610で600株売却 -16000
セグエ 2358-2370で300株購入(現物100信用200) →2310で100株売却 -7000→2313で100株購入
ルネサスイーストン 759で200株購入

雑感
週末のコインチェック騒動からセキュリティ関連銘柄をチェックしたけど、割高だったり、そもそも赤字だったりして投資対象にならない銘柄が多かった。まともそうなソリトン、デジタルアーツ、ラック、テクマトリックスなどはすでに時価総額が500億前後まで買われているのでパス。時価総額の小さいセキュアヴェイル、テリロジーは業績微妙でパス。FFRIは手あかつきすぎでパス。ハイパーはすでに物色されすぎでパス。

で、結局セグエに目をつけて購入。時価総額は130億程度。業績は好調。ちょっとper高め(45倍)だけど、そんなの言ってたらこのセクター手が出せないからね。あと、トレンドが転換してまだ日が浅いので入りやすそうな形だった。昨年の6月に天井をつけて下降トレンドで半年間売られ続け、2016年5月に空けた窓に一部かかりながらも窓埋め拒否でトレンド転換。昨日は昨年初来高値を更新。当然このあたりは売りが降ってくるので、もう少し引っ張ってから買いたかったけど、まあ仕方ない。高値で買った100株は引け間際に一旦LCして買戻し。

昨日は多くのセキュリティ関連銘柄が寄り天になった。これをどう考えるか?推測にすぎませんが、単純にまだ上げたくなかった人が多かったのかなと。通常、セクター全体で相場を作ろうとするときには、大口(ほんとうにいるのか、幻かもしれませんが)がだいぶ前から安値を仕込んでおいて周到な準備でだんだんと盛り上げてくはず。今回のコインチェック騒動は予期していなかった突発的なものでまだひと相場つくる準備ができていなかったのかなと。

ただ、世間の注目も集め、金融庁も動き出し、追加のニュースがこれから出てくるはずだし、これで収束するとは思えず、その都度物色対象になるのではないかと思ってる。ちょっと違うかもしれないけど、去年北朝鮮のミサイル騒動で防衛関連が定期的に噴いていたように。あれも結局最初に乗ったもん勝ちでもうしばらく北朝鮮関係落ち着いているけど、石川とか全戻しにならずまだ3倍以上の高値圏をなんだかんだでキープしてるからね。こんな感じの息の長い資金が入ってくることを期待。まあ防衛もサイバーセキュリティも近いでしょ。脅威が常にあり、たまに顕在化するという意味においては。

あと、ルネサスイーストンも追加。これは1月30日決算。全株持ち越す予定。ずっと750の壁を越えられなかったけど決算を前に出来高を伴って超えてきたので素直に順張りで。ボリバンもギュインギュインに縮まってるし、決算自体は問題ないだろうから。同セクターの東京エレクトロンデバイスも29日に好決算出しててPTSでは14%高。ルネサスイーストンもこの流れに乗ってほしい。

結局、決算が良くても悪くても、材料が出ても、株価をどうやって動かすかは機関投資家が決める。個人は象の背中に乗っているアリのような存在なので、象が大きな足で歩くたびに上下に揺れて狼狽しがちだけど、とにかくその象がどっちの方向に進んでいるかということを意識して、できるだけその動きに同調させていくしかない。
2018/01/28

私のトレード環境

トレード環境、、、といっても兼業ですので、よく見るこんな感じのものではありませんw
画面2 

普段の仕事中のPC画面はこんな感じです。もちろん周囲の目がありますので、画面には液晶保護シートを付けています。ちゃんと仕事やってんのか?と言われそうですがw まあ普通にできてます。これでも。取引はスマホなどで。最近はこんな感じで安定しています。

画面 
① かぶたん、SBI画面、適時開示、Yahooファイナンス、Twitterなど
② 株ライン(ツィートリアルタイム確認用)
③ 保有株
④ 監視株
⑤ 日経,マザーズ,ジャスダック リアルタイム情報

①は仕事のスペースも兼ねているので、Outlookやその他仕事の資料などを表示させています。他の兼業の方がどのようにされているのか分かりませんが、兼業の割りには恵まれている環境と思います。乗ろうと思えば、twitterでつぶやかれて急騰する銘柄も追いかけられますし。まあしませんけど。
2018/01/27

今週の振り返り(1/22-1/26)

無題g 
資産25ma乖離率 27.6%

今週の取引銘柄
日経レバ/幼児活動研究会/アスモ/UEX/ルネサスイーストン/アンジェス/ミクロン精密/フルテック/ブライトパス/イソライト/Casa/ヒーハイスト

今週の確定損益
利確  305,218  15件
損切    58,954  21件
損益  246,264

年間累計確定損益
利確  834,322  21件
損切  206,896  45件
損益  627,426

雑感
週末の振り返りはこんな感じのフォーマットでしばらくやってみます。含み益は幻なので確定損益を意識することも必要かなと思いましたので。でも損小利大は意識したいです。
今のところ利確21件<損切45件ですが、金額ベースでは利確額>損切額ですのでいい感じです。

どうしても私のスタイルだと細かい損切りが増えてしまいますので、それを少数の大きな利確で取り返さないといけません。1月は主にフルテック、ヒーハイストが損益の大部分(2銘柄で計79万)を占めていました。逆に言うと、こういう銘柄を拾い続けなければじり貧になっていくということです。現在PFの中で大きな含み益があるのはこの2銘柄に加え、UEXくらいです。いずれも昨年からの貯金によるところが大きいです。

そのため、1月中旬以降はその次の銘柄を発掘しようと奮闘しました。こういうときは細かい建玉の調整が増え、損切りがどうしても増えますので苦しいのですが、なんとか次の柱になる銘柄がこの中から出てくると有難いです。また来週からも決算が増えますので現在の銘柄に固執することなくいい銘柄があれば入れ替えていきたいと思います。また、今週の半ばのように少し不穏なときには積極的にヘッジの空売りを入れるなどして、常に安定したメンタル状態で取引ができるように心掛けていきたいです。それではよい週末をお過ごしください。

ボリバンはこんな感じ↓ +1σ~+2σでバンドウォークできると理想的
無題b

2018/01/26

2018/01/26 357.9 仮想の世界 (週+9.0% 月+59.0%)

無題◇取引
日経レバ返済 -11000
幼児活動研究会 1770-1798で200株購入
アスモ 743-745で500株購入
UEX 1013-1014で300株購入
ルネサスイーストン 744-745で1500株購入
アンジェス 626-635で600株購入
ミクロン精密 1624で500株売却 +9500
フルテック 1568-1574で500株売却 +264000

◇雑感
昨日とは逆の展開で朝方は雰囲気が良かったので日経レバ空売りは寄りで全返済。昨日減らしていた分を慌てて買戻し。

ミクロン精密は過疎っていたのと2日連続で5日線を割り込んでいたので他の銘柄との兼ね合いで一旦利確。フルテックも引け間際に少し売られて5日線を明確に割り込んでいたので一部利確。別にフルテックは売らなくてもよかったのかもしれないけど、結局どうして動意したのかよくわからなかったので。ただの水準訂正か、テーマ性なのか、鞍替え思惑なのか、好決算なのか、どれくらい株価に織り込まれてるのかよくわからず、日経はじめ少し不安定な感じになってきたこともあり、決算前にある程度利確しておこうかと。今週はアンジェスのせいで損切りばかりだったということもあるし。残りの300株はさすがに決算持ち越してもいいかな。アンジェスは75日線タッチしたので、いい加減下値不安もあまりないかなということでしつこく買ってます。負け戦もいいところだけど。

後は、新規というか以前に持っていたけどルネサスイーストンを購入。かぶたんにも好業績として記事が載っていたし、25日線との乖離も小さく750の壁を決算後に超えてくれるのではと期待して。

ところで大したこだわりじゃないんだけど、タイトルもそうだしブログ本文もそうなんだけど、あえて資産や株価に"円"という単位を書かないようにしている。円って書いちゃうと、途端に普段コンビニやレストランで自分の財布から出して使っている現実世界のお金の感覚になってしまう気がして。

この世界はあくまで仮想の世界で、例えばドラクエのカジノのお金とか、そんな感じの感覚でやらないと、毎日200万円や300万円売買して、その結果毎日10万円が増えたり減ったりするなんて現実世界のお金を意識すると、とてもじゃないけどできないからね。かといって本当に仮想のまま泡のように消えてなくなってしまっていいわけももちろんないけど。
2018/01/25

2018/01/25 352.7 これまでなら

無題◇取引
アンジェス 656で300株売却 -8600
日経レバ空売り 22440-22510で約200万分
UEX 997で300株売却 -900
幼児活動研究会 2290で100株購入→2269で売却 -2300
ミクロン精密 1633で200株売却 +2600
アスモ 733で500株売却 +950
ブライトパス 852,859で各100株 計200株購入

◇雑感
今日は朝から雰囲気が悪かったので、とりあえず一番弱そうなアンジェスを寄りで損切り。続いて、日経レバを100万分空売り。その後しばらく様子を見ながら少しずつ枚数を減らし。後場に日経が前場安値を割り込んできたことからさらに弱い銘柄を減らし、日経レバ空売りを100万分追加。引け間際、最後まで崩れなかったブライトパスを200株買い増しで終了。

ブライトパスは引け後に共同研究IR。PTSでは盛り上がっているが明日はおそらく寄り天で全戻しして、引け後に行使IRが出ると思われる。資金調達が完了するまでは800-1000のボックス相場と考えているけど、一旦1000抜ければ、そこからは驚くほど上値が軽いと思っているので明日もし寄り天でも我慢してホールドするつもり。

これまでなら日経はもう明日すぐにGUで上値を取りに行くけど、やはり109円を割り込む円高は不気味だったので多めにヘッジをかけている。75日線22550まではないかもしれないけど、23400付近の25日線までは調整があっても全く不思議ではない。とにかく相場が不安定なときにヘッジの空売りがあると夜安心して眠れるからね。なぜか何度も夜中に目が覚めてしまってその度に先物を恐る恐るスマホでチェックしなくていいし。メンタルの安定が一番大事。それがたとえ最善の手ではないにしても。保険みたいなもの。
2018/01/25

2018/01/24 359.9 急落時の対応

無題◇取引
アンジェス 682-685で500株売却 -24000 680-685で300株買戻し
ブライトパス 812で200株売却 -1700 818で200株買戻し
イソライト 1172で200株売却 -1000
UEX 1000で300株購入

◇雑感
前日比プラスもだんだん不穏な展開。マザーズは2%プラスから一時マイ転→+1%引け。今日も円高が進み、日経は軟調な展開が予想され、新興もボラが大きくなりそう。

一旦売られるときは、これは戻るに違いないと勝手に判断せずに、少しでもポジションを落とす。そして戻りそうなら買い戻す。これを徹底する。別に空振りで終わってもいい。そんなのは保険料にすぎない。信用取引をしている以上、これをきっちりやらないとすぐに死ぬ。

その時ポジションを落とすのは弱い銘柄から。強い銘柄は放置でOK。あとはチャートを見て、25日線を割り込むなら必ずポジションを減らす。押し目か崩壊の始まりかは結果的にしかわからない。今回も崩壊の始まりにはならないかもしれないけど、しばらく調整が始まりになる程度は十分ありえる。こういう時の立ち回りで大きく年間のパフォーマンスが変わることを意識しよう。
2018/01/23

2018/01/23 345.7 今年のスター銘柄

無題◇取引
Casa 2292で200株売却 +12600
アンジェス 742で300株購入 700で100株売却 -4200 705で300株購入
◇雑感
前日比少しプラスだったもののストレスのたまる展開。まずはヒーハイスト。これは当然の調整なのでそれほど心配していない。800前後まで調整があってもメンタル的には大丈夫。次にアンジェス。寄りで買ったものの5秒でぶん投げたくなった。でもリバウンドの際にちょうど会議などで対応できず、あとはズルズル下がるだけ。100株だけ損切りして下で買い増し。500株なら明日下がっても狼狽しないだろうという判断。ブライトパスと同じ。

バイオにこだわっているのは、アメリカもバイオに資金が入っていること、マザーズを構成する時価総額上位銘柄はバイオが多く、そのマザーズが高値を取りに行くのだから当然にバイオに資金が入るはずと思っている。実体がないのは十分承知しているし、仕手株みたいな感じなのも分かっているつもり。でも今年は個別には噴いたりしているけど、去年前半のアエリアやサイバーステップ、後半のペッパーのようなセクター全体に影響を与えるようなスター銘柄はまだ生まれていない。そういう銘柄が春から夏にかけてバイオから出てくるのではと期待している。もちろんリスクがあるので基本は好業績、per低めなどの銘柄が中心にはなるのだけど。
2018/01/22

2018/01/22 344.6 大雪(追記)

20180122175936103.png◇取引
ヒーハイスト 600株を現引
アスモ 720-730で1500株購入(新規)
幼児活動研究会 1725-1728で400株購入(新規)
ブライトパス 819で200株購入(買増)
UEX 1001で200株売却 ±0
Casa 2298で300株売却  +13000
◇雑感
前日比プラス。昨年来高値を更新。
今日はまずヒーハイストを現引き。これは50%くらいプラスになり、とりあえずS安くらっても大丈夫な水準ということで長期保有を目的に。

Casaは1月28日にロックアップ解除ということで、それまでにハナツアーのような相場を作ってくれることを期待していたが、どうも上がらないのとロックアップ解除日に近づくと実際には大口が売ってこなくてもそれを警戒する個人売りが入ってきてもおかしくないなと思ったので。ただ長期的には悪くない銘柄と思っているので全部は売らず、一番下で買っていた分だけ残した。

UEXは先週の金曜日に200株だけ1000で買っていたんだけど、今日の全面高の中で全然上がらなかったとPF内のバランスが悪かったので一旦同値でリリース。

ブライトパスはアンジェス、ナノキャリア、ラクオリアを始めバイオ全体にまた資金が戻ってきたので。最初はアンジェスがよるなら200株買おうかとも思ったけど、どうにも寄りそうになかったのでブライトパスを買い増し。

新規に買ったのは2銘柄。アスモと幼児活動研究会。
まずアスモは、先週の小室哲哉さんの会見で介護関係がくるかなと。まあ介護関係ってチャームケアをはじめずっと強いからね。それでかぶたんで「介護関連」で検索して、比較的まだperが低い(16.9倍)、時価総額も小さい(約111億)、チャートがよさげ(12/18の720を上抜けしたばかりで25日線との乖離も小さい)、業績好調(11月上方修正)、通期上方修正期待(11月修正は上期だけ、通期はまだ、上期進捗率55.9%)、テーマ性(介護は国策、あと海外で外食もやってる)、四季報内容OK(再増額との表現)くらいかな。まあ買う材料としては十分でしょ。

次に幼児活動研究会はこれまで会社名で敬遠していたけどw、たまにTwitterのTLで見かけていた会社。9月に高値をつけてその後は調整していたけど、26週線が近づいてそろそろ調整完了しないかなと。時価総額は102億円、業績は好調で同じく上期上方修正で通期はまだということでおそらく問題なし。もちろん子育て支援は国策。ライクキッズよりチャートが入りやすかったのと、幼児体育指導関連はストックビジネス的な要素が強く、より安定的に利益が出せる仕組みかなと思ったので。

ただ、どちらもこれから決算を迎えるアスモ2/14 幼児1/31 ということで警戒は必要だけど、どちらも業績は問題ないはずので決算ギャンブルしても大丈夫かなと。

これでマザーズは高値を取ってきたので、もうしばらくは強気でもいいのかなと。とはいえ急落したら弱い銘柄から手放す、同値でも微損でもとにかくポジションをいつでも減らせるようにはしておこう。
2018/01/20

今週の振り返り(01/15-01/19)

無題g 
資産25ma乖離率31.2%
今週の売買銘柄 ブライトパス/イソライト/ミクロン精密/フルテック/UEX/Casa

今週はフルテック約35万、ヒーハイスト約18万と合計50万ちょっとを利確。何といっても今週のMVPはヒーハイスト。こういう感じで毎週MVPが出てくればとても楽なんですけどね。

一方でブライトパスやイソライトを中心に13万程度の損切り。利確できているからいいものの、もう少し精度を上げて損切りを減らさないとダメですね。特にブライトパスのJC、イソライトのJCは反省しないといけません。ボラが大きい銘柄は下がっても許容可能な枚数にするか、元々下で拾っているかじゃないと揺さぶりで確実に狼狽売りさせられますね。分かってはいるんですが、なかなか難しいです。とりあえずブライトパスはもう少し時間がかかりそうなので、春にむけ次の波が来るタイミングでしっかりと乗るようにして、当面は投げられたところをコツコツ拾うだけにしておく方針です。

来週くらいから銘柄によっては決算に先立って上方修正や株価に影響のあるIRが出る可能性がありますので今の持ち株にこだわらず、いい銘柄があれば乗り換えることも検討していこうと思います。とにかく日々の情報収集と監視ですね。あと相場の急変時にはポジションを落とすこと、これを心がけて大けがしないように来週も頑張っていきたいと思います。

ボリバンはこんな感じ↓無題b

2018/01/19

2018/01/19 328.3 今日もリバランス (週+8.8% 月+45.8%)

無題◇取引
ヒーハイスト 941で500株売却 +183000
ブライトパス 759-774で1000株売却 -19000,  764,772で400株買戻し
イソライト 1130で300株売却 -24000 1138-1142で500株買戻し(買増)
ミクロン精密 1611-1613で300株売却 -8000
UEX 1001で200株購入(買増)
Casa 2270で100株購入(買増)

◇雑感
前場低調だったので弱い銘柄を粛々と損切り。後場、反発を確認しながら逆指値入れながら買戻し。全体としてはポジションを少し縮小。

ヒーハイストに関しては決算が近づいてきており、また25日線からの乖離率が50%に近づいてきて短期的な過熱感を感じたので500株だけ利確。前回900越えの時はヒーハー!!とかいって浮かれていたので、今回は冷静に高いところで利確できてよかった。(禁断の果実さんが冷静に利確されていて自分も少し利確すべきと思いました)
モリテックのように一気に桁替えする可能性もあるけど、1000は心理的にも値幅的にも節目になるので、UEXのようにちょっと時間がかかるかもしれないのと決算でどうなるかわからないし。前回は決算前に上方修正を出したものの期待に届かず?でストップ安を演じているのも気になった。(watagashiさん、気づかせてくれてありがとうございます!)
これでとりあえずヒーハイストでの勝ちは確定なので安心。フルテックと同じパターンだね。利確するまではどうしようって迷うけど一旦利確できるととてもホッとできる。メンタルにもいいしね。

UEX、Casaはともに25日線からの反発を確認して買い増し。ミクロン精密は板が薄いので突発的に下がる可能性もあり、また5日線を割り込んだので一旦減らし。ブライトパスも5日線を越えられず、窓埋めしそうだったのと、その下の支持線が700くらいまで見当たらないので減らし。まあ600株くらいなら下がっても狼狽しないだろうという判断。結局ボラの大きい銘柄をたくさん持つと上下の揺さぶりに耐えられず損がかさむので。ここからは投げられたところだけを拾うことを心がける。

今日の振り返りはこんなところ。今週全体の振り返りはまた週末にでも。
2018/01/18

2018/01/18 316.7 寄り天からの続落

無題◇取引
イソライト 1159で200株売却 -11000
ミクロン精密 1637で100株購入

◇雑感
全体的に寄り天。前場は楽勝ムードで340万あって余裕だったんだけど、後場日経が一気に崩れたのをきっかけに新興にも投げが目立つ展開。今日の頂点からは25万ほどのマイナス。。相場はいつも難しいね。天国から地獄の展開。

イソライトは25日線が支持線になると思うけど、1200以上のJCしてた分があり、前場からずっと弱いのもあって少し枚数を減らすべきと判断。代わりにミクロン精密をさらに追加。特に強くもないけど、こちらは後場も崩れる様子が全くなかったので。こういうときのセオリーは弱い株から強い株にリバランスすること。ブライトパスでもよかったんだけど、さすがにね、もう買い過ぎなので。

日経は24000到達による達成感かな。これで新興に資金が流れてくればいいけど、決算シーズンを迎えこれまで上がっていた思惑銘柄(バイオか??)から売られ、新興全体に波及するようなら決算前に少し減らしたほうがいいかもしれないね。とにかく信用使っているのだから下落にはとても敏感になって対応しないと大変なことになる。多少の損切は必要コストと割り切って。1月上旬のように相場が上向いたときに大きく取れれば十分。柔軟にポジションをコントロールしてリスクをコントロールしたい。
2018/01/17

2018/01/17 324.7 口内炎できた

無題◇取引
フルテック 1496で100株売却 +46000
ブライトパス 売買多数→LC -55000  785,788で500株ずつ購入
ミクロン精密  1631で100株購入
◇雑感
久々に口内炎ができた。痛い。ほぼ確実にブライトパスのせいだと思う(笑)

今日は冷静さを欠いた取引で反省しないと。最後に買い戻したのも余計だったと思うし。そもそも昨日までにJCしたのが余計。悪い時の、負けがこんでた時の悪いトレード。やっぱりバイオはJCすると死ぬってことだね。せっかくヒーハイストとイソライトが頑張っていたのにもったいない。

でも過ぎたことは仕方ないので冷静に考えると、とりあえず明日以降もブライトパスは下げそう。どこまで下がるか?25日線までは覚悟しておこう。バイオ全体から資金が抜けているけど、これが次の波のためのふるい落としなのか、本当に終わってしまったのか、今のところは前者だと思うけど、バイオは地合いが悪くなると徹底的に売り込まれるので気を付けないと。そもそも資金の10%って言ってたのを破った罰だね。

まだ、全面安という感じではないのがよかったけど、もし全面安で5%でも喰らうと一瞬で30万くらい吹っ飛んでいくことになるので本当に気を付けよう。セオリー通りに対応するなら弱い銘柄から売っていくことになるけど。UEX,Casaもじわじわ売られているのも気になる。とにかく早く口内炎治ってほしい。
2018/01/16

2018/01/16 331.5 ひとまず利確

無題◇取引
フルテック 1615で100株 1519で300株売却 +246,000
ブライトパス 870で500株購入
イソライト 1173-1174で200株購入
ミクロン精密 1639で100株購入

◇雑感
フルテックは昨日書いた通り、25日線からの乖離も大きくなってきていたし、今日の寄付きが窓を開けて始まりそうだったので、寄りで100株利確。最初は今日もうちょっと仕上げてくるかと思ったので1700,1750,1800に指値売りを入れていたけど全然刺さらず。高値こそとったものの反落したので後場寄りでもさらに追加で300株利確。もうちょっとうまくやれたような気もするけど、欲張りは厳禁。信用枠だしね。フルテックに関しては先日10万ほど利確しているのでなかなか相性がいい。もともと最初に買い付けたときは1500くらいを第一目標にしていたのでまあまあいいところで利確できたと思う。残りの現物は決算跨ぐかどうかは迷うところだけど、もう少し引っ張りたい。理想的には決算前に上方修正→ストップ高みたいな展開がいいんだけど、なんせ地味だしね。そんな劇的なことは起こらなさそう。そもそもいまいちなんで上がってるのかわからないところもあったし。

それより今日の主役はなんと言ってもヒーハイスト。+3σタッチで少し売ってもよかったんだけど、少なくとも桁替えまでは狙ってそうなのでまだまだ放置。モリテックのように桁替えして300の値幅を使ってくれると最高だね。最初に自分としては大きめの2000株というロットで入ってるのが大きいね。戦略的にかなり楽ちん。いつでも500株や1000株利確して勝ちを確定できる状況だし。

あとは利確分で持ち株を少し買い増し。ブライトパスは、かなりチャートを意識した動きなのであの出来高からしてもまだ大丈夫と思い、少し微妙な位置だったけど買い増し。イソライトも何度も25日線で反発しているので、今回もそのサポートを確認したうえで反発してきたところを順張りで買い増し。ミクロンは一押しなんだけどまだあまり知られていないので注目されるのはもうちょっと後でいいかな。フルテックのように地味にコツコツ上がっていってほしい。

まだ相場が崩れるような気配はないけど、いつなんどき急落するかもしれないので結果的にはガチホが最強かもしれないけど、自分はそんな胆力はないので節目節目で欲張らずにきっちり利確しながらこの相場を乗りこなしていきたい。
2018/01/15

2018/01/15 327.5 過熱感はあるものの

無題◇取引
フルテック 1584で100株売却 +54000
イソライト 1158-1164で500株購入
◇雑感
今日は市況もよく大幅プラス。これで年始から+100万と少し怖くなってきた。持ち株ではブライトパスが大幅高。セクター全体に資金が入っていたので、ここからどこまで伸びるのかはわからないけど今日S高にしなかったのも売らせるためだと思うので上手に振り落としながら上げてほしい。

取引としてはフルテックを100株売却。買付余力が600円とかになっていたので、このままだと損切りしたときに預り金不足になると思い(あってる?)、そろそろ「普通に考えたら」指標的にはフェアバリューなのかなというゾーンに入ってきたので。また25日線からの乖離率が30%を超えてきたこともあり。もう少し粘れると思うけど、決算にはだいぶ織り込んでいるような気もするのでもう少し減らした方がいいかもしれない。

イソライトは25日線で反発したのを見て、本当はここで最初に買って、1150超えたら買い増し、とかしたかったな、そうすれば単価は1140くらいでナイストレードだったのに、、、と思いながら、泣く泣く買戻し。つくづく1200以上の上ひげで買ってしまったのが悔やまれる。まあそんなにうまくいかないよね。

一応、持ち株の決算日を確認しておくとこんな感じ。
UEX       2月6日 
イソライト  2月7日
フルテック    2月9日 
ヒーハイスト 2月13日
ブライトパス 2月14日 
Casa/ミクロン精密 済

来週くらいからは上方修正が入ったりしてくる可能性もある。特にヒーハイストは前回決算予定日の2週間前に上方修正を出したのにS安とか避けようがない事態になってた。今回も決算までに期待で上げたりしてしまうと暴落することもあるので慎重に見極めたい。ここでの立ち振る舞いで一気にパフォーマンスは変わるだろうな。。こういうとき決算が済んでいる銘柄があると安心。ブライトパスはバイオなので決算はあまり関係ないし、これもいいね。
2018/01/13

自己紹介、投資遍歴をつらつらと(長文です)

ブログをはじめてから半年ほどたちましたが、まだ自分のプロフィール記事を書いていなかったので、自己紹介を兼ねて投資遍歴を書いていきます。長文ですので暇な方のみお読みください。

狼狽マンについて
年齢は30代です。既婚、子供2人。川崎市在住。
会社は旧財閥系企業のどこかです。年収は800万程度。戸建て持ち家あり。

投資を始めたきっかけ
家を購入したことが大きいです。住宅ローンを組んで大きな借金を抱え、これを何とか早く返せないかなと思ったことがきっかけです。それまでは投資に関する知識も全くありませんでした。会社の同期でFXなどやっている友人はいましたが、自分には程遠いことと思っていました。そのとき、ちょうど手元には300万ほどの貯金がありました。

投資遍歴(2014年10月~ 資金300万で開始)
(1)投資信託(2014年10月~)
最初は何もよくわからなかったので、会社でも退職金の一部がDC年金に変わっていて投資信託という言葉だけは知っていたので、とりあえず買ってみることにしました。色々調べてみると一度に購入すると下落リスクがあるので積立で買うのがいい、商品は分散させるのがいい、というような記事を読んで毎月5万程度、国内株式、外国株式など適当にインデックスの投資信託を買っていました。当初は日々に少し動く値動きに一喜一憂していましたが、2か月ほどしてから大してお金増えないな、これと思ってしまいました。

(2)個別株投資(2014年12月~)
優待目的で個別株投資をしている友人がいましたので、私もそれくらいならやってもいいかと個別株を購入し始めました。最初に買ったのはタカラトミーだったと思います。ちょうど子供がトミカに熱中していた時期だったので家族の理解も得やすいかなというそれくらいの理由でした。特に成長する企業とかそういうのは全く考えず、当時の市況も全く理解していませんでした。アベノミクスという言葉は聞いたことがありましたが、バズーカ砲って何?くらいの感じです。資産はヨコヨコです。

(3)信用取引開始(2015年4月~)
個別株投資にも少し慣れてきた私は資産の3倍まで投資できる信用取引という存在を知りました。これまで半年ほど特に増えも減りもしない資産をもっと効率的に増やせると思ったのです。もちろん3倍のスピードで増やせるということは当然逆のことも起きるリスクを受け入れるということですが、全くそんなリスクは認識していませんでした。なんせ、日経平均は10数年ぶりの2万円、メディアも3万円まではすぐなどと煽っていた時期でしたから。信用取引で購入したのは、それまでまとまった資金がなくて買えなかったトヨタやセブンイレブンなどの大型株でした。そのとき、自分は500万~600万の資金を動かしているんだ、という謎の自己陶酔感がありました。

(4)チャイナショックまで(~2015年8月末)
その後は大型株に加え東証一部の小型株や新興株にも手を出していました。2015年6月ごろにギリシャ金融危機などリスクオフの場面はありましたが、それほど喰らうこともなく、少しずつ資産も増えていきました。と言っても300万→330万程度です。とはいえ、これまでずっとヨコヨコの資産だった私からすると30万は大金で1か月の給料くらい増えた、と気が大きくなっていたんだと思います。家族にも少し儲かってることを伝えて、ちょっと大きめの買い物もしたりしていました。もうこの時はほとんど全力2階建てに近い状態です。そしてアクセルを踏み込んだ瞬間に8月のチャイナショックを迎えます。

(5)チャイナショックとその後(2015年8月末~)
新興で持っていた株は突然S安になっていました。初めてのまともな下落相場に完全にパニック状態です。慌てて財形を一部切り崩し30万入金したのを覚えています。その後のリバウンドと下落で買っては損切りを繰り返し、ちょっとはっきり覚えていませんが、150万ほど資産が減ってたと思います。信用全力だった私はこのとき資産の半分ほどを一気に溶かしてしまいました。その後少し市況が落ち着いて12月末ごろには資産は200万くらいまでは戻していたかと思います。でも当時の私はこの資産マイナスによる後悔の念をずっと引きずっていました。とにかく早く原資を回復しなくてはという気持ちでいっぱいです。もう家族には投資の話はできない状態です。

(6)世界同時株安(2016年1月~)
この年は年始からしばらくずっと下落が続きました。持ち株は含み損でしたが、ある一定程度の損失額を超えるともう損切りは難しいですね。資産は急速に減っていきます。この期に及んで全力ではありませんが信用取引もしており、1月末には年末まで200万あった資産が120万程度にまで減っていました。いよいよまずいと思った私は、実家の親に泣きつきます。はい、糞ですね。100万の借金です。それに加えて財形もさらに60万ほど切り崩し、数字だけは開始の300万から少し減ってるくらいに体裁を整えます。実際にはもう開始時点からは-200万です。

(7)新興バイオ相場に乗る(2016年4月)
2月12日の急落以降は新興市場を中心に資金が戻ってきました。そのなかでもバイオセクターは大きな盛り上がりを見せ、その中心だったのがグリーンペプタイド(現在のブライトパス)です。元々400円くらいで持っていたのですが、信用もフル活用して一気に資産を増やすことに成功しました。
4月下旬ごろ2200円のピークを迎えたときには資産は瞬間的に500万まで増えていました。前述の通り、入金投資をしていたのでようやく原資回復です。このときは仕手株などという存在はつゆしらず、純粋に癌の特効薬ができるんだ、そうすれば株価は3000円、5000円に向かうに違いない、などとお花畑の中で生きていました。

(8)祭りのあと(2016年5月~)
ピークをつけたあと株価は下がります。そんなの当たり前ですが、当時の私は理解できません。信用ナンピンを繰り返します。グリーンペプタイドでの利益は簡単に吹っ飛びます。それどころかマイナスが膨らむ始末です。このほかにもダブルスコープという会社を長期で持っており、最大では3.5バーガーくらいまで増えていましたがブレクジットなど市況も悪くなり株価はピークから3か月で1/3に急落。ここでもナンピンを繰り返します。そうして結局4月に500万あった資産は8月には120万、12月末にはついに60万まで減っていきます。90%近くのマイナスです。当時は一発逆転しか狙っていませんでした。この株が3倍になったら、5倍になったら救われる。そんなことばかりを考えていました。実際には資産は減っていくばかり。胃がキリキリして眠れなかった日もたくさんあります。ずっとイライラと焦燥感がつのり余裕がなく、とはいえ誰にも相談できず、子供へのあたりもきつかったと思います。本当に自分が情けなく、申し訳ないことをしたと思います。

(9)心機一転(2017年1月~)
それでも投資をやめようと思ったことは一度もありませんでした。投資での損失は投資でしか返せない、何が何でもやるしかないという気持ちです。最終的にプラスになればこの損失は帳消しになる、それどころかとてもいい経験になるはずだ、そんな気持ちで色んな本を読んだり、セミナーに行ったりなどして勉強をしました。自分の取引の反省点を振り返るために6月からはこのブログも始めました。ブログ開始当初は資産が60万で、あまりにも資産が少なすぎて毎日更新するのがとても恥ずかしかったですが、市況がよかったこともあり、なんとか300万(2018/1)まで資産が回復してきました。ブログを毎日書くことによって頭の整理につながり反省点も明確になり、日々成長していることを感じます。これからも退場しないように何とか頑張っていきたいと思います。

2018/01/13

今週の振り返り(01/09-01/12)

無題g 
資産25ma乖離率35.1%
今週の売買銘柄 ブライトパス/イソライト/ミクロン精密

今週はフルテックとヒーハイストが主に貢献して大幅プラスとなりました。新規銘柄としてブライトパスはもうこないだ書いたしおいとくとして、イソライトとミクロン精密の購入理由は以下の通りです。年始に書いていた購入基準に当てはめてみます。

イソライト
 (1) 時価総額が100億前後(できれば50億まで、最大でも200億まで)
→× 275億 いきなり外れてる。。
 (2) 業績がいい (売上高前年比 +20~+30% 経常利益 +10~+20%が目安)
→〇 経常利益は+40%前後増の見込み
 (3) 下降トレンドではない (週足チャートで確認、ヨコヨコはOK)
→〇 11月初から1040-1287のボックス相場 最近こういう形で2~3か月ヨコヨコのチャートを狙っています。急騰銘柄よりはリスクが少なく入りやすいので。
 (4) 25日線との乖離率が大きすぎない (目安10%まで/高値掴みしないように) 
→△  7.9%程度。ぎりぎりOK。1/12終値では3.7% 本当はここまで待ちたかった。
 (5) 備考
好業績でよくTwitterのTLでも流れてくる人気銘柄。化学系は好調セクター。でも初動から株価はすでに4倍になってる(見方によっては6倍超)ので指標ではまだ買えるものの正直遅すぎる。早々に1287をブレイクできなければ決算持ち越しは怖い。決算は2月7日。しかも場中に出してきたりするので対処困難。

ミクロン精密
 (1) 時価総額が100億前後(できれば50億まで、最大でも200億まで)
→〇 125億 OK
 (2) 業績がいい (売上高前年比 +20~+30% 経常利益 +10~+20%が目安)
→〇 経常利益10-15%プラス 直近の1Q決算は黒字浮上。この黒字浮上という言葉は市場が大好き
 (3) 下降トレンドではない (週足チャートで確認、ヨコヨコはOK)
→〇 10/13に1963の高値を付けた後は調整。カップウィズハンドル形成中。この形は底がはっきりしている(=損切りポイントが明確)ので入りやすくていいですね。
 (4) 25日線との乖離率が大きすぎない (目安10%まで/高値掴みしないように) 
→△  6.6% まあ許容。本当は5%未満がいいのですが。
 (5) 備考
工作機械セクターはまだ需要旺盛。2016年初を底値として考えると初動からはまだ2倍くらい。時価総額も120億程度と小さく、イソライトよりはまだ狙える位置。10月高値を超えてくると面白い。決算を通過してるのも大きいですね。決算ギャンブルはできるだけしたくないし。と、なんだかんだ書いてますが、最大の根拠は↓のかぶたんの煽り記事の中で一番時価総額が小さくてチャート的にも入りやすいなと思ったからです。それをいうと元も子もありませんがw 株は人気投票なのでいい銘柄でもみんなに注目されないと意味ないですからね。

輝ける高収益の中小型株、営業利益率“15%超”リスト[製造業編] <成長株特集>

あとこないだめんどくさいと書いたボリバンですが、せっかくなのでもうしばらくやってみます。見ての通り、年始からの上げでボリバン開きまくってます。個別の銘柄ならこれこそ初動っていうところですけどね。まあ減らさないように気を付けて頑張ります。

無題b
2018/01/12

2018/01/12 301.8 (週+21.1% 月+34.1%)

無題◇取引
ブライトパス 828で300株購入
イソライト1209-1214で900株購入→1170で400株売却 -17000
ミクロン精密 1589-1590で200株 1606で200株 1616で300株購入
◇雑感
年始からの連騰終了。もっとマイナスかと思ったけど結果的には前日比とほぼ変わらず。でもこれは運が良かっただけ。今日は反省点が多い。主にイソライトの取引において。

以下振り返り
1. 買い指値変更してJC
 まず今日の想定として寄り付きが高くても金曜だし後場は下げるかなと思っていた。イソライトの25日線は1122だったので寄り前の板を見つつ、オーバーシュートも狙いつつ1101,1121,1141に買い指値をセット。実際には高く寄り付きそのまま1200を超えていった。指値を1151まで上げていたけど下がってくる気配もなく、当初の想定を無視して打診買いならいいかと軽い気持ちで1209で300株購入。打診買いをしたらもう少し買いたくなってさらに続けざまに1211で300株買い増し。とりあえず600株なら打診としては十分な量とポジション欲を満たす。

2. 蓋突破を待てずに買い増し
  その後、板を見ると1218?くらいに少し大きめの蓋が出現したため、これ以上は買わずに、逆指値買いでこの蓋を突破したら成買をセット。さらに少し気が大きくなり欲も出て、なんだかんだ業績もいいからそのうち突破するだろうと思って指値を取り消して1214でさらに300株購入。
→結果、今日のほぼ天井圏で900株購入。

3. 売りの逆指値を変更
 その後11時過ぎから下がりだす。前場の安値は1180だったのでこれを割ったら最後の買い増し分は売らなきゃねと1179に逆指値セット。でもだんだん下がってくるのも見て刈られたら嫌だなと1179→1170→1160→1151と逆指値を何度も変更する。たまに来る底値から+10程度の小リバウンドで、ほらねと自己を正当化する。実際にはその度に大きな成売りが入って1164まで下がる。結局引け直前まで粘ってもリバウンドは来ず、1170で半分損切り。残りは5日線を割っていなかったのでとりあえず持ち越し→多分残りも月曜日売らされる。本当はその売らされるタイミングで買いたいところなのに。

これをやってるとダメ。今回は別の銘柄で救われたので大きなマイナスにはなっていないけど、こういう取引をしているといつか大きな損失を喰らうことになる。しっかりと反省しよう。

長くなったのでイソライト、ミクロン精密の購入理由はまた週末の振り返りの時に。
2018/01/11

2018/01/11 302.1 軍曹昇格

無題◇取引
なし
◇雑感
これで年始から5連騰。今日は調整日と思ってたけど不気味に下がらない。昨日買ったブライトパスは10%弱の上昇と枚数は少ないながら成功かな。こないだ現引きした分の信用余力が戻ってきたので明日チャンスがあれば買い増ししたい。すでにかなり動いているので増やし過ぎないように。昨日も書いたけど目安は資産の10%程度。毎日書かないとすぐに忘れちゃうからね。。

これでなんと5営業日で今年の目標の下限をクリア。年始から+80万でマジっすかって感じです。今月の給料余裕で超えてるし。てかボーナス級じゃん。でも、他の気になっていた銘柄も多くが上がってるので、誰が買ってもリスクさえ取れれば儲かる相場ってことだよね。てことはこの後何をやっても下がる相場も来ると思うので奢らず、謙虚に。損切りはきっちりと。トレンドが続く限りは乗っかる。資金の流れを意識して銘柄に固執しない。いつも書くことは同じですが絶対に忘れないように。

タイトルの軍曹ってのはこんな画像を拾ったから↓ 次は曹長目指して頑張ります。

無題10 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。