2017/09/29

2017/09/29 122.9(週+12.6% 月+43.4%)

無題◇取引
ルネサスイーストン 668で300株買い増し
◇雑感
YH更新。今日は月末の金曜日、売られやすい日ということで警戒していたが、特に売り仕掛けもなく、資産は年初来高値を更新。9月は月初だけカリアゲショックで荒れたもののその後は地合いは良かった。引け間際にルネサスイーストンを買い増し。

とりあえず今月は順調に終わったが、問題は相場調整時の振る舞い。9月上旬はうまく乗りきれたけど、7月~8月中旬は終値ベースで110万→65万まで喰らってるのでこういうのをなんとかしないと。10月の選挙後か、恒例の12月の新興税金対策で絶対調整があるので、うまく乗り切りたい。まだ早いけど、少しおぼろげに今年の目標150-200万が見えてきたような。こんなこと書いてフラグにならなければいいが。週末リフレッシュして来週に備えよう。




スポンサーサイト
2017/09/29

2017/09/28 121.9

無題
◇ 取引
モリテックスチール 454で300株購入
◇雑感
YH更新。まあ結局、外人が買い越していて地合いがいいだけだし、含み益はいつも幻だし、しっかりとリスク管理して調整時に資産を減らさないようにしないといけない。

今日はモリテックを300株買い増し。前場後半に安永の急騰がきっかけとなり、EV銘柄に資金が入る。モリテックも増担解除ラインを大きく超えてきて、増担解除拒否のまま再度上がる可能性もあるかなと思い、昨日書いた450以上は追わないという方針を早速変更。とはいえ、上値は追いたくなかったので、とりあえずもともともっと下で入れていた指値を解除ラインの454に変更して待機。うまく後場に押す場面があり、454で拾うことに成功。結局増担解除拒否だが、ラインの少し上なのでどうなるかわからない。ただ、最低限このまま上に行っても大丈夫な枚数を確保できたので、あとは下がるなら同値撤退で凌ぎつつ、400-420あたりは買い増す。400を割れるなら一旦損切りとする方針で。

あとハイアスについて、まだ時価総額86億と低いながらperが40倍に近づいてきた。普通なら時価総額100億程度で調整になると思われる。100億ラインは株価でいえば1300-1350円あたり。どこまで引っ張るかが、今後の考えどころ。

イメージは去年のインソース。日々のボラは大きいけど週足で見ればきれいに右肩上がり。インソースも昨年9月に時価総額50億から動意し、半年後の4月に4倍の200億をつけてピークアウト。ちなみにピークアウトの経緯は、今年5月に1Q好決算を発表した後に出尽くしで売り、その後2回ほど高値チャレンジするものの結局更新することができず。最後の逃げ場はその後7月の一部市場変更IR翌日に25日線を割り込んだタイミング。その後、株価は7/15 2222円(25日線ライン)→9/8 1651 とあまり逃げ場なくきつい展開に。

つまり、好材料が出ても株価が反応しなくなると、みんな上値を買わずに逃げ場を探し出す。そしてその後に好材料が出た時が最後の逃げ場。この動きは覚えておこう。ダブルスコープも去年こんな厳しい展開になった。長く銘柄を保有し、含み益も出ていて会社のこともよく知っていると愛情が沸いてくるかもしれないが、そこはドライに考えないといけない。





2017/09/27

2017/09/27 114.5

無題◇取引
モリテックスチール 300株 441で購入
◇雑感
EV関連ということでモリテックを打診買い。怪しすぎる動きをここ数日していたので。業績は問題なく、割安。現在増担解除クリア2日、明日は454以下がクリア要件。今後の動きだが、解除ラインを超えない程度にじわ上げ、増担解除で一旦寄り天で売られるのが基本的な需給に沿った動き。この動きはアンジェスの時に経験済。同じ動きであれば。なのでもう450以上は追いかけない。それなら増担解除で売られた日の引けか、その翌日寄りで25日線に近づくタイミングで買えばいい。あくまで400-420あたりを狙う。最大で1500株まで買ってもいい。ここは年末までのパフォーマンスに大きな影響が出る勝負どころなので少しリスクオンして買ってみた。

ハイアスは今日は調整。全く問題なし。週足、月足で見て調整に入ったというのが分かってから動いても十分。こことイントラストは基本長期でできる限り利益を伸ばして保有するつもり。


2017/09/27

2017/09/26 114.9

無題◇取引
なし
◇雑感
微妙にYH。ハイアスのおかげ。全体の地合いは弱含み。現在調整中のEV関連から1つ勝負したいが、落ちてこない。ライクキッズ、イソライトのように置いて行かれないようにリスクオンして飛び乗るか思案中。




2017/09/26

2017/09/25 112.6

無題◇取引
なし
◇雑感
金曜からリバウンド。ただし、全面高ではなく強い銘柄は強く、弱い銘柄はあまりリバウンドしていなかった。今日は再び北朝鮮外相の発言で先物は下げているが、感覚的には寄り底で上値重く、強い銘柄は後場結局続伸する気がする。

そんな中狙っていたのは、ライクキッズ、イソライト、モリテック、イーストン(買い増し)uex、システムズデザイン、日本鋳造。どれも投げが出たら拾うというスタンスで上値は追わないと決めていた。結局欲しいところまでは落ちてこず。ライクキッズ、イソライトはだいぶ上に行ってしまったので当面あきらめるかな。しばらくはこんな感じで無理をせずにやっていこう。これでも維持率77%なので。チャンスがあれば拾えばいい。








2017/09/24

2017/09/22 109.1 (週+2.3%)

無題◇取引
ベガ 1611で100株売却 -500
富士ソフトSB 1365で400株売却 +81500
◇雑感
北朝鮮外相の水爆発言をきっかけとした売り仕掛け。それに追随した利確が入り、さらに個人が狼狽するといういつもの構図。マザーズ-1.35%。

マザーズは25日線で叩かれる嫌な形。個別もそれに追従する銘柄が多かったので、一旦富士ソフトSBを利確。ベガを同値付近で撤退し、CPを高めた。富士ソフトSBはその後下髭を付けて戻したので結果的には売らなくてよかったかもしれないが、ここ最近出来高が少なくするする上がっていたことと上場来高値圏だったので何かの拍子に売られるかと思い、崩れる前に判断。2000円くらいまでは次に材料が出れば上がってもおかしくないと思っているので押し目があれば買い戻す。このままスルスルいくなら、あきらめよう。ベガは単純に同値まで落ちてきたので売っただけ。基本的には先日の1535円で底打ちしていると思うが、トレンドが出ているわけでもないので無理にホールドする必要もない。

これで少しCPができたので、来週欲しい水準まで狼狽売りで下げることがあればEV関連中心にいくつか拾う。候補はあらかじめ決めておこう。とりあえず今は狼狽売りとJCだけしなければOK。












2017/09/22

2017/09/21 114.6

無題 ◇取引
ハイアス 空売り912円で300株→940円で買い戻し -10000
◇雑感
イントラスト、ハイアス堅調でYHも今日は反省点が多い。同じミスを繰り返さないためにも詳しく振り返る。取り上げるのは上記のハイアスの取引。内容は1,全体相場環境 2,個別銘柄状況 3,空売りの局面 4,買戻し(返済)の局面に分けて。反省点を洗い出して次に繋げよう。金額の多寡に関わらず、こういうことは二度と繰り返してはいけない。

ミス1. 外部環境
朝の時点で円安に振れていて日経はGUで始まりそうな気配。マザーズは25日線直前。日経が好調なとき、マザーズは弱いことが多い。東京ゲームショウ開幕で盛り上がっていてゲーセクが出尽くしになり寄り天を想定。その影響を受けマザーズも後場25日線を越えられず反落を予想。
→実際にゲーセクはklab、ドリコムをはじめ後場崩れる銘柄多数。ただ、SOSEIの頑張りもあり、マザーズ全体には波及せず。

ミス2. 個別状況
ハイアスは前日まで9連騰。決算要因もあったが、株価はこの間に668円から945円まで急上昇。昨日は高値の945円を超えられず、引け間際に売られ陰線。急激な上げもあり、今日は下げることを想定。ベガの時に同様のことがあり、下がりそうなときにはヘッジを入れて少しでも損失を受け入れるべきではないと考えていた。この日は同値付近から始まり、945円近くまで上げるがやはり超えられず5日線のある890円くらいまで押すのではと予想していた。
→実際には、前日同値付近から始まり高値引け。

ミス3. 空売りの局面
上記の想定から当初は928円に300株売りの指値を入れていた。寄り直後916円まで上がるものの反落し、910を再び割り込み上値の重い展開。このまま900を割り込む展開になるのか、と考えて指値を取り消し、成行の売りを入れ912円で約定。
→最初の指値を変えるべきではなかった。

ミス4. 買戻しの局面
912円で空売りして、しばらくは920円前後で推移。そのときの高値は928円。空売りの買戻しの逆指値は930円にセット。その後上がってきたため946円の逆指値に変更、引け間際に942円で投げ。
→11:11に930円つけたときに返済していれば被害は少なかった。後場崩れるという考えに囚われた。

総括:取引をしている以上、判断ミスは常に起こりうる。大事なのはその判断ミスを素直に受け入れること。自分のミスを認めたくないがためにさらにミスを重ね続けるのはやめよう。今回のケースでは、1.外部環境の判断ミスは起こり得る。これは仕方ない。さらに2.の個別の判断、これもぎりぎり仕方ない。やってはいけなかったのは3.空売りの局面での指値変更。これは明確で大きなミス。そして、11:11にそれまでの928円の高値を超えた超えたときに指値を上にあげるという重大なミスをさらに犯す。こうなるともう後は後場崩れるのではという自分の想定を信じ祈るだけ。今回は余力もなかったし、1日信用だったのでそんなことはしないが、状況、時間軸が違えば、ここからさらに持ち越して、ナンピンして大損するというケースにも繋がりかねない、それくらい危険な思考。これを繰り返せばすぐに退場になるので火種が小さいうちにしっかりと反省して繰り返さないように徹底したい。







2017/09/20

2017/09/20 110.0

無題◇取引
なし
◇雑感
新興はEV関連中心に利確が入っていた。昨日賑わっていたゲーセクも任天堂を除き軟調が目立つ。そんななか、イントラストが堅調で推移したのでなんとか昨日よりプラスで終わることができた。ハイアスは昨日の高値945を抜くことができず反落。連騰は9でストップ。調整に入るなら800-850くらいまでを想定。

ここ何ヵ月かで実感したこと。やっぱり株は怖いところで買わないと大きな利益を得られない。それは頭では分かっていて当たり前だけどなかなかできるものではない。そして、分かったことはこの「怖いところ」には2種類ある。1つは、下げの局面でまだまだ下がるのではないかという場面。そして、もう1つは好材料が出て寄り付きから10%以上の窓を開けている場面。この怖さを克服できれば次のステップに進めると思う。いずれも銘柄選定力とその自信、そして思った動きと違ったときのリスク管理能力が重要。明日はちょっと新しいことにチャレンジしてみる。


2017/09/19

2017/09/19 109.2

無題◇取引
ベガ 1630100株売り 1616で100株買戻し
◇雑感
個別では寄り天のものもあったが、ハイアス、イーストンは続伸。特にイーストンの上げはうれしい。今まで自分になかったブレイクしたタイミングで購入した銘柄。この感覚を大事にしよう。あと気になっているのは日本鋳造。昨日上方修正して今日は寄り天。明日、もし25日線近くまでくるなら買ってみてもいい。ただ、基本的にここから順張りは難しい。上昇トレンドの中の押し目を狙う。イメージは下ひげで拾って上ひげで逃げる。そもそも買い増すも何も余力がないので今ある銘柄で利益を伸ばしつつ、調整時のタイミングがあればうまく拾えれば。これ以上無理はしない。



2017/09/18

参考にしている投資家(3)高値掴みマン


※以下、勝手な個人的見解ですのでご容赦下さい。
◇手法
一言でいえば、カタリスト最重要視。数年後に大化けする要素を持つ銘柄を基本的にはホールドし続ける。さらに信用枠をほぼフル活用し、保証金率は30-33%程度。損切りポイントを考える銘柄はそもそも持たない。暴落時は保証金率が30-33%に収まるように持ち株数を減らすか、またはダブルインバース、VIXなどでヘッジ。

◇考察
この手法は、とにかくハイリスクハイリターン。現物の含み益があるとはいえ、保証金率がいつもぎりぎり。普通の人がこれをやれば、株価の調整時、暴落時に含み損ばっかりになりメンタルが持たず、大底で損切りをしてしまうことになる。いくつか大きくとれたとしても資産は増えたり減ったりの繰り返しでいつかドカンと食らってしまうことになる。銘柄の選定に自信がなければ危険な投資法。高値掴みマンの場合は2016年に仕込んだ銘柄が多く、大きく利益が出ている。特に2017年からの資産の増加はすさまじく(300万→1300万)完全に流れに乗っている。

◇見習いたい点
株は自分はこれまでできるだけ底値圏で買ってできるだけ高値圏で売り抜けないと儲からないものだと思っていた。もちろんそうするのが1番いいのだろうが高値掴みマンの手法では短期的なテクニカルはほとんど重視しない。どうせ将来上がるのだから、ということなのだろう。また、暴落時も塩漬けマンのようにノンポジにすることはない。外部環境が戻れば戻す自信があるからだろう。この銘柄選定の力、そこからくる握力は見習いたい。また、ポジション量。上記の通りほぼ全力投資。見習うかどうかは別として、こういう投資手法でも、退場になるどころか大きく利益を出せるんだ、というのは正直驚いた。

一方で、握力が強すぎるあまり、かなりの含み損があった期間(2016年初~中ごろ)や、短期的な天井を過ぎてもホールドし続ける(ぷらっと、イーレックス、ブレインパッド、GMOクラウドなど)こともよくあり、この点は自分としてはテクニカルや外部環境などを考慮し、多少でも資金効率が良くなるようにしていきたい。

2017/09/16

2017/09/15 106.6

無題◇取引
ベガ 1625で100株購入
◇雑感
ベガ打診買い。正直時間かかると思うけど、好きな企業なので頑張ってほしい。あまりこういう感情は投資には余計だけど、かといって含み損をホールドし続けるつもりはない。2週連続下髭をつけたので一応現在の底値は1535ということになっている。買い増しは慎重にしたい。安易に買い増ししてさらに下がって含み損を抱え、1500を割り込むオーバーシュートで売らされて反転ということにならないように。買った根拠は最近の材料連発、価格帯出来高で1500-1600はかなり積みあがっていること、四季報記載を見る限りは問題なさそう、来季EPSが73.5と予想されていて、その場合現在の1600円はPER22倍程度でありそれほど割高ではない、そろそろ家具PFが発表されるかも、9月末は優待など。

ハイアスは決算を受けて上昇。寄り付きはマイナスから始まったので、ここで少しでも回転玉を入手して900前後で売り抜けるのが正解だった。自分の建単価がどうとか関係なく、今の株価位置がどうとか関係なく、デイの場合はその日上がるか下がるかそれだけ。そういう意味ではあの決算で寄りからマイナスでダダ下がりなんてありえないのだから、マイナスで寄った瞬間に買い玉をいれるべき。もし、200株だけでも入れていればそれで1-2万は取ることができた。普段損切りばかりなのだからこういうラッキーな局面では躊躇なく取れるようにしたい。

イーストン、富士SSB、イントラストとも上昇。今日は全銘柄上昇でようやくYHを狙える位置まで来た。前回のYHは7/13。あの時はアンジェス、トレイダーズ暴騰で含み益10万前後、ベガ絶好調で2500円前後というバブル状態だったので、今の方が含み益が分散されていて仕手株もないのでいい状態だと思う。





2017/09/15

2017/09/14 99.5

無題◇取引
 なし
◇雑感
ハイアス、1Q黒字浮上。全く問題ない数字。安心した。これでまた次の決算まで持ってられるし、地合いや調整で下がって75日線まで来れば買い増しチャンスと考える。イントラストは調整。特に問題なし。富士ソフトSBは5日線にサポートされながら浮上。週足で見て崩れるまではホールド。ここに関しては目標株価が決めづらい。時価総額で見て100億くらいまでか。とりあえず長期で放置する方針変わらず。

ルネサスイーストンについて、昨日のPTSで購入したが、無事にレンジブレイクして含み益に変わってきてよかった。このINの仕方は今までの自分になかったので1つ成長できたかと。もちろんこれからどうなるかはわからないが、決算を確認して自分で判断して高値をブレイクするタイミングで買いに行く。当たり前なのだが、自分で判断するというのは非常に大事。これができないといつも後追いになってしまう。もちろん自分で判断した結果、間違っていたら市場に従う判断をするのももっと大事。ということでルネサスは明日以降、押す場面があれば拾っていくが、元のレンジに戻る動きをするなら撤退。




2017/09/14

2017/09/13 98.2

無題 ◇取引
 ルネサスイーストン 637-645 300株購入(PTS)
 ◇雑感
イントラストはついに節目の1000を超える。あきらめずに持っておいてよかった。何度か出入りして損切りしているけどこれは必要コスト。ここからしっかりと取り返す。目標株価は昨日書いた通り。1150、1250、1350くらいで売り上がれればいい。

ハイアスは続伸。800越え。これで6連騰。6日間で688→818 +130 決算の期待は分かるが、ちょっと上がり過ぎ。決算前に多少利確するか??これが600株じゃなくて今回の調整時に買い増しできて800や1000株になっていればその分利確するのだが。多分利確しなさそう。誰かが言っていたが、決算を持ち越していいのは決算後、10%、最悪S安に暴落しても逃げられる状態のみ。そういう意味では持ち越せる状況にはある。

新規で半導体専門商社のルネサスイーストンを300株購入。昨日上方修正を出した。時価総額は160億。チャートは2016/10から動意して2017/2ごろまでに400円から600円に上昇。ちょうどトランプ相場に乗ったかたち。その後半年以上は600前後のボックス相場。この間の高値は3月10日の627。昨日の終値は605。今回の上方修正前に7月31日の決算でも前年度5.6倍というとてもいい数字を発表しながらもレンジブレイクには至らず。そろそろな感じはする。また、取引関係の深いルネサスは業績復活で好調、株価も上昇トレンド、他の半導体商社も軒並み好調。PERは13.8倍で商社としてはそれほど割安ともいえないが、非鉄商社もかなり上げていることもあり、意外高に期待。来月の新型日産リーフの販売も追い風になるかもしれない。基本的にボラがそんなに高くないことも買いやすくていい。下値は580くらいかと思っているので今回レンジブレイクできなければ元のボックス相場に戻るだけ。下降トレンドになるとも思えないので580前後で同数ナンピンし、単価を600-610まで下げて同値撤退を図ろう。








2017/09/13

2017/09/12 94.7

無題◇取引
 なし
◇雑感
イントラスト直近高値更新。ハイアス続伸。全体的にリスクオン相場。今日はライクキッズを狙ったが、張り付いたままで拾えず。明日利確が入ったタイミングで再度狙ってみる。好決算からのブレイク投資法を身に着けたい。ただ、いまの資金量だと3から最大4銘柄が限界。1つくらいEV関連を入れたいが、押し目をまとう。25日線まで落ちてきたタイミングなら難易度は低い。

イントラストはどこまで伸びるか。ジェイリースがいま1544円でPER26.8倍、直近高値の1720円の時は29.9倍。あんしん保証はいま35.7倍だが、株価は下げ止まらずどんどん売られている状況。そうすると一旦は30倍が目安になってくるかと。イントラストに置き換えると1158円くらい。上場来高値は1202円。1158円まで来れば、上場来高値が意識され、オーバーシュート気味に高値を更新する可能性があるが、当面の高値目安はそのあたりか。つまり1150円を超えて来たら利確を意識、1200円の上場来高値を超えれば、確実に少しは利確しよう。陽線の場合はいいが、陰線になると続落する可能性が高くなるのでうまく当面の天井を見極めたい。幸いにも900株と多めに仕込めているので、現物は残しつつ、300株を2回に分けて売ることができる。仮に1150、1200で300株ずつ売却できたとしたら利益は11万くらい。現実的な利益かと。あとはどこまで引っ張るか。なんとなくの感じでは相場が始まる直近の最安値から2倍くらいというのが1つのサイクルとも考えている。イントラストの直近安値は4月14日の691とすると1350-1400、これはPER35-37倍。あんしん保証と重なる。強気で行くなら直近高値までは我慢してそこで300株、1350-1400で300株か。市場変更やその他色々株価が上昇しそうな材料は内包しているが、どこまでひっぱるか。決して業態的に短期で3倍、4倍になるような銘柄ではない。上昇している間に冷静にうまく利確したい。








2017/09/12

2017/09/11 87.1

無題 ◇取引
なし 
◇雑感
昨日と同じくシステムズデザインを狙うが、725の前日安値を更新せず、733で切り返し上に。711から10刻みで指値を入れていたが刺さらず。あまり待ちすぎるのもよくないが、余力からして無理するところでもないので自分の欲しい価格帯にこなければあきらめる。これがノンポジだったら何かポジション取りたいと焦っていたかもしれないが、十分にポジションを取っているのでJC気味にポジション増やす必要は全くない。中途半端なポジションは握力が持たない。

ハイアスは決算前に動き出した。決算は問題ない数字を出してくると思うが、あまり決算前に上がりすぎると心配。クォーターごとにぶれがある会社はちょっとこわい。


2017/09/08

2017/09/08 84.1

無題◇取引
なし
◇雑感
モリテックは寄りで10%程度上げてからのマイ転。もうこうなると難しいな。チャンスはいくらでも転がっているのでつかみやすいチャンスを狙おう。ということで、今日はシステムズデザインを監視。700まで落ちてくるなら打診買いしようかと思ったが、手前で切り返し、無理をせず追いかけなかった。継続監視。

その他、とりあえず大崩れすることなく週末に突入。来週はどうなることやら。ところで、今年末までに150-200万くらいを目指してるのだが、全然届きそうにないな。。。そうしないと2020年に1000万間に合わないぞ。焦っても仕方ないのでコツコツと、決して大損しないように、好ファンダ、低時価総額銘柄を拾っていくしかない。半年で2~3倍になる銘柄を狙っていく。時価総額のイメージでは50億未満→100億+α 100億前後→200億+α プラスアルファ分はオーバーシュート上ひげを想定。退場しない限り、本当にいくらでもチャンスはある。毎日のように。ただし、焦ったり欲を出したりするともれなく死ぬ、そういう世界。なので損するときはできるだけ小さく抑えながら、来るべく大相場に備える。冷静に考えると1つ~2つでも2倍になる銘柄に乗れれば、余裕で150-200はいけるので焦る必要は全くない。



2017/09/08

2017/09/07 83.5

無題

◇取引
なし
◇雑感
反省点はモリテック。ファンダ系の上手な人のTLに3日前に流れていて、監視リストに加えていた。業績はいいし、まあ割安だし、チャート的にもいいな、板金加工品大手か、、よくわからんな、、、でそのまま。もう一歩踏み込んで調べれば、EVの充電スタンドを作っているのは分かったのに。
気になったなら、打診買いをしておくべきだった。打診買いがないと一気に動意したときにJCを恐れて見てるだけになってしまう。




2017/09/07

2017/09/06 82.1

無題
◇取引
イントラスト 903で300株売り -2500 →916で300株買い→同値撤退 →922-925で300株購入
ハイアス 690で200株購入→同値撤退
富士ソフトSB 1200で逆指値→注文取消し
◇雑感
朝方、動きがどうなるか分からなかったので非常にバタバタした。一旦イントラストは寄りで300株売却して様子見、どうも下がらなさそうなので916で買戻し後、また上がりもしない、指数も下がってきたので同値撤退、10時にIRが出たのを10:30くらいに気づき我慢できずにJC。。安いときに売って、高いときに買うへたくそな私です。その他の取引や注文もバタバタが表れている。

こういう急落時にはある程度ポジションを落とすのは保険代のようなものなので仕方ない。現物だけならまだしも信用を使っている以上全ポジションホールドでお祈りはあまりにも危険。ただし、売らされてそれで終わりではなくて、しっかり買い戻す。ダメならまた撤退すればいい。






2017/09/06

2017/09/05 79.6

無題◇取引
 イントラスト 919で100株売却-200, 911で100株購入
 ベガ 1603で100株購入も同値撤退
◇雑感
さらに続落。これまではこの辺りで戻っていただけに安易に買いを入れると危険。今日はマザーズを中心に追証の売りが出るとの情報。NYの下落もあるのでまた売りが売りを呼ぶ展開が予想される。含み損を抱えるつもりはないが、反転は近いので、含み益があるうちは過度に弱気にならないように。例えば、含み損になりそうなら買値で一旦売却して引けで買い戻すなど冷静に対応したい。こういう相場でいかにマイナスを減らすかが今後の反転時に飛躍できるかのポイントになる。


  
  
2017/09/04

2017/09/04 87.2

無題◇取引
 イントラスト 921で100株追加
◇雑感
核実験の結果は寄り天からズルズル下がる嫌な展開。特にマザーズは一時3%超の下げ。そんな中、イントラストの投げを下髭部分で拾う。ここはかなり自信があったので901、911、921で刺していたところ921に刺さる。ちなみにハイアスの651,661,671の指値は刺さらず。富士ソフトSBはもう少し下がるかもしれないがこれは受け入れる。

今日も好業績で上げていた銘柄が結構下がっていた。追加できる余力も少ないが、虎視眈々とチャンスを狙おう。とりあえず今気になっているのは、ニッポン高度紙、ヒーハイスト、IMV、モリテック、uexあたりかな。uexは今日下髭つけてあげていた。こういう下髭を拾うのが理想。とはいえ、明日以降地合いも不安定なので無理はしない。今日追加したイントラストの921はあくまでレンジより上で推移している限りはホールドして、暴騰すれば上がっているうちに売る分。逆にレンジ内に戻るなら売る。レンジ内とは900割れのこと。そこは絶対にやらないと被弾することになる。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。