2018/05/06

備忘録メモ

持ち株の決算日と25日線をメモしておきます。あ、完全に自分用です。

                           株価   25ma  決算
Tワークス          2892  2887     済  
ODK                      518     567      済
UEX                       739     714    5/10 15:00?
イントラスト      713     723   5/11 15:00
セグエ                 1845  1854   5/14 16:00 
アスモ                   652     647   5/14 16:00
イーストン           679     673   5/15 15:00
テクホラ               905     826   5/15 16:00

既に決算が済んでいるトレードワークスとODKはいいとして、来週再来週といきなり山場が来ます。

この中で、イントラストは長期で考えているのであまり心配していません。というか完全放置です。

UEX、イーストンの景気敏感株がちょっと怪しいですね。業績は悪くないと思うのですが、いわゆる保守的な予想を出して下落するガイダンスリスクが心配です。どうしても外部環境に左右されやすい業種ですので新興IT系とは違い、保守的に見積もるのは分かるのですが、それによって株価が一時的に下落するのは避けられませんからね。すべて現物ならあまり気にしなくてもいいのですが、信用なら話が別です。ODKの場合はそれを回避して下落したところを拾っていますが、今回どうしましょうかね。

セグエとアスモはチャートも底を這っているのでそれほどのリスクは感じません。とはいえここからさらに下げるなら減らすか売らざるを得ませんが。

テクノホライゾンは25日線/75日線付近で入れているので、決算またいでも最悪ここで逃げられると思っていますので気楽です。

決算をまたぐリスクを多く抱えるなら一旦決算前に売ってしまって、好決算を出したトレードワークスの押し目やこれからの好決算銘柄にシフトするほうが効率的なので、そのあたりも考慮しながらどういう対応をしようか考えたいと思います。

スポンサーサイト
2018/02/18

階段の先

先週の金曜日に資産運用をしている会社の後輩と飲んできました。彼(仮名:佐藤くん)のプロフィールなどは以下の通り。

佐藤くんについて
30代。年収750万。海外事業担当。学生時代はESS所属。英語堪能。
外見はV6の岡田准一のシャープさを取り、少し丸顔にした感じ。基本的にはイケメンの部類。性格は柔和で落ち着いている印象。奥さんも美人。子供1人(女の子1歳)でちょーかわいい。

金銭感覚など
家は賃貸。車保有なし。無保険。基本的に無駄なものにはお金は極力かけない。ただし、スーツはいつもオーダーメイドで買う。夫婦でファイナンシャルプランナーの資格を持っていてともに投資をしている。

資産
5000万程度(佐藤くん個人のものなのか家族合算かは不明)そのうち1500万は祖母からの相続。現在は1500万を個別株、1000万を投資信託、500万をリート、外国株に投資。残りはキャッシュ。

投資遍歴
独身時代の2008年4月からFXを開始。資金は300万。直後にリーマンショックにより30万まで減り、一時退場。2010年に再度300万から再開。その後アベノミクス効果などにより現在にいたる。

運用方針
基本的にバリュー株中心。東証2部でPBR1倍割れ、数年後に1部鞍替えしそうな銘柄を中心に投資。また優待も外食など中心に投資。1銘柄の投資単位は最低単元が多く、常に50-100銘柄に長期投資。キャッシュポジションも潤沢にあることから損切りは50%割れとかにならない限りはほとんどしない。毎年200万程度を入金。これまでの入金額は1000万以上。信用取引はしない。もちろん空売りもしない。いい銘柄を見つけてもすぐに買付けはしない。1ヶ月くらい直近安値で指値。相場急落時に刺さればいいかな程度。今回の急落では2銘柄を追加。将来は45歳までにぼんやりとセミリタイアを目指しているということ。

雑感
一言でいうと全てにおいて余裕がありました。悠然としていていつか私もこうなりたいなという感じです。一時退場した後に300万で再開したときから同じ投資方針だそう。相場が良かったこともあるのでしょうが、極端にリスクを取ることもなく、淡々と今まで続けているということ。

話していて大事だと思ったのは入金です。祖母からの相続分を除けば年間200万を入金しているので元本は当初の300万に加えておそらく1500万程度でしょうか。年間200万入金できるのもすごいですけど、私と違ってダブルインカムなので世帯収入が多いんでしょうね。あと、相続が1500万ってどんな資産家なんだ?しかも祖母でしょ?兄弟は妹が1人とのことなので、親も当然相続してるだろうから親に兄弟でもいれば合計1億以上相続しているのでしょうか??

それはさておき、1500万を3500万に増やすのは相場が良ければできなくもない気もします。でも元本が増えないと300万を3500万に増やすのは現物だけでは、いや信用も使ってもかなり難しいのかなとも思います。

あと羨ましいなと思ったのは、妻の投資への理解です。夫婦で投資ができるところまでは求めませんが、私の妻は投資への理解がなく、入金という話もなかなかしづらいです。なので、まずは結果を出すしかなく、そのためにリスクを取らざるを得ないという悪循環になっているところもあります。

また、長期投資。やはりサラリーマンなんですから基本は佐藤くんのような投資スタイルがいいんでしょうね。サラリーマンのメリットは安定収入があることですから、入金しつつ、長期で運用していく。これが基本だと思います。そう考えると私の場合は、色々難しい状況にあるのは確かなんですが、なんとかやっていくしかないのも事実なので、できる範囲でやっていくしかありません。

佐藤くんと別れた帰り道に考えていたんですが、色々やり方は人それぞれ違うと思いますが、この投資の世界に足を踏み入れたのは間違いではないということです。投資を全くしていない人に1億や2億でセミリタイアの話をしても全く絵空事で夢物語にしか聞こえないと思います。例えるなら、売れないミュージシャンが俺は将来ミリオンセラーのヒット曲を出すんだとか、今からイチローや本田のようなスポーツ選手になるとか、まったく現実的ではない話に聞こえると思います。

でも投資の世界はそうではない。誰にでもチャンスがある。目の前の階段を一段、そしてまた一段と登っていけば確実に高いところにたどり着ける。目標は雲の上の見えない存在ではなく、現実のものとして繋がって見えている。もちろん2段飛ばしでいこうとか急ぎ過ぎると足を捻挫することもあるかもしれません。また、この階段には手すりがついているわけでもありません。時には足を踏み外してしまうこともあるかもしれません。それでも諦めずに階段を登り続ければ、その階段の先に絶対にたどり着けると信じています。この階段を見つけたということが他の大多数の投資を知らない人との大きな違いです。そう信じてこれからも頑張っていきたいと思います。

長くなりましたが、今回こういう投資の話を初めてリアルですることができてとても楽しかったです。とてもいい刺激をもらいました。もし機会があれば、またこのようなオフ会ができればいいなと思いました。投資家は孤独ですからね。同じような境遇の方がいればTwitterで誘ってください。

階段 
2018/01/28

私のトレード環境

トレード環境、、、といっても兼業ですので、よく見るこんな感じのものではありませんw
画面2 

普段の仕事中のPC画面はこんな感じです。もちろん周囲の目がありますので、画面には液晶保護シートを付けています。ちゃんと仕事やってんのか?と言われそうですがw まあ普通にできてます。これでも。取引はスマホなどで。最近はこんな感じで安定しています。

画面 
① かぶたん、SBI画面、適時開示、Yahooファイナンス、Twitterなど
② 株ライン(ツィートリアルタイム確認用)
③ 保有株
④ 監視株
⑤ 日経,マザーズ,ジャスダック リアルタイム情報

①は仕事のスペースも兼ねているので、Outlookやその他仕事の資料などを表示させています。他の兼業の方がどのようにされているのか分かりませんが、兼業の割りには恵まれている環境と思います。乗ろうと思えば、twitterでつぶやかれて急騰する銘柄も追いかけられますし。まあしませんけど。